ブラジル経済の現状と今後の市場の展望~16年10-12月期GDP

2017/03/08
  1. 実質GDP成長率は前年同期比-2.5%でした。緊縮財政とレアル高で景気回復は遅れ気味です。
  2. 景気後退に伴うインフレ率低下に対して利下げが続けられており、今後景気を刺激すると期待されます。
  3. 通貨、株価は景気回復を先取りして堅調に推移しており、利下げ打ち止めまでは続くと思われます。

不況下の緊縮財政が景気を抑制

7日に、IBGE(ブラジル地理統計院)が発表した16年10-12月期の実質GDP成長率は前年同期比-2.5%、前期比年率-3.4%でした。前期比は2期連続のマイナス幅拡大で、16年後半は景気が悪化しました。16年年間では-3.6%でした。

ブラジルの景気回復が遅れています。最大の要因は緊縮財政です。民間需要が冷え込む中で財政支出を抑制したため、さらに内需を冷やす結果となりました。また、景気後退でインフレ圧力が大幅に後退し、通貨高をもたらしました。ブラジルレアル(以下、レアル)の対ドル相場は、2月末時点で前年同月末比+29%と、主な通貨の中ではトップの上昇率となりました。そして、CPI(消費者物価指数)は17年1月時点で前年同月比+5.35%と、前年同月の同+10.71%から大幅に鈍化しました。

201703081

景気が本格的に回復するまで不況下の株高、通貨高?

景気後退とインフレ率低下を受け、ブラジル中央銀行(以下、中銀)は16年10月以降利下げに踏み切り、現在までに4回利下げ、最初の2回は0.25%、最近2回は0.75%と利下げ幅を拡大させました。

利下げはレアル高を抑制する要因ですが、実質金利(CPI上昇率-政策金利)は約7%と、現在のブラジル経済の実情に対してかなり高く、今後も数次にわたる大幅な利下げが濃厚です。これにより、さらなる金利低下を見越して債券市場へ、景気刺激による企業業績回復をにらんで株式市場へ、投資資金流入が期待されます。当然、海外からの投資資金の流入も増加し、結果としてレアルも堅調な展開となることが期待されます。中銀は、利下げの打ち止め時期を来年以降と見込んでおり、当面は不況下の株高、通貨高が続くと思われます。

201703082

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up