オーストラリア(豪)の16年10-12月期GDP~豪ドル相場の展望

2017/03/01
  1. 1610-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+4.4%でした。マイナス成長は一時的でした。
  2. 政府支出は反動増、個人消費は引き続き堅調でした。民間固定資本投資がようやく下げ止まりました。
  3. インフレ率が年内にも目標圏内に届くと見込まれ、緩和余地縮小で豪ドルは底堅いと予想されます。

反動は予想以上、民需が堅調

本日、豪統計局が発表した16年10-12月期の実質GDP成長率は前期比+1.1%、年率で+4.4%でした。前期比+0.8%の市場予想を上回りました。

政府支出は国防関連を中心に反動増が予想以上でした。消費支出と固定資本投資を合わせた公的需要全体では前期比+1.5%でした。一方、民間需要は同+0.8%でした。民間消費が同+0.9%と堅調なのに加え、民間固定資本投資が同+1.5%と、8四半期ぶりにプラスに転じました。鉱業関連の投資不振がしばらく景気の足を引っ張っていましたが、ようやく下げ止まった形です。IMF(国際通貨基金)のスタッフレポートによると、17年も+2%台の安定成長が続き、インフレ率は年内にも目標圏(+2~3%)に届くと予想されています。

201703013

金融政策は中立から正常化バイアス?

豪ドル相場は、16年7-9月期のマイナス成長が明らかになって以降、追加緩和観測から対米ドル、対円で下落しました。しかし、底堅い商品市況に対する割安感が強まり、対米ドルでは1豪ドル0.71米ドル台から0.77米ドル台に反発しました。

豪経済が底堅いことや、インフレ率の改善から、一時強まった追加利下げのリスクは後退し、当面は中立的なスタンスが続くことが予想されます。さらに、インフレ率が目標圏内に入る局面になった場合、正常化に向けたバイアスに変化する可能性も否定できません。したがって、米利上げに伴う米国への投資資金の流出は抑えられ、豪ドルは下支えられると思われます。また、商品市況に対する豪ドルの割安感が依然として根強いことも、豪ドルに対する支援材料になると思われます。

201703014

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up