インドネシア経済の現状と市場の展望~16年10-12月期GDP

2017/02/07

 

  1. 実質GDP成長率は前年同期比+4.94%でした。個人消費、外需を中心に景気は底堅い展開です。
  2. 米国の経済・金融政策の動向に注目しつつ、政策金利は低インフレ下で当面現状維持となりそうです。
  3. 株価は上昇しにくい状況ですが割安感も強まっています。為替相場は利下げ手控えで底堅そうです。

商品価格の回復が好影響

2月6日、インドネシア中央統計庁が発表した16年10-12月期の実質GDP成長率は前年同期比+4.94%でした。政府支出が一巡して減少(同-4.05%)した一方、個人消費が同+4.99%と底堅かったのに加え、輸出が9四半期ぶりにプラスに転じたことも寄与しました。

輸出の増加は商品市況の回復も寄与したと思われます。代表的な商品指数は、14年半ばから16年初頭にかけての下落幅の半分程度を戻していますが、特に、米大統領選挙後は米国の経済政策による景気刺激効果への期待や中国経済の持ち直しで上昇基調が強まり、鉱物資源の貿易を後押ししたと見られます。

201702071

 

金融緩和状態続き景気下支え、株価は割安感強まる

低インフレが続いていますが、米国の政策動向を見極めるべく、金融当局は当面様子見の姿勢です。緩和状態が続くため景気が下支えられ、17年以降も景気は底堅く、+5%台の経済成長率が期待されます。こうした中、通貨ルピアは良好な経済情勢を背景に安定すると思われます。

また、株価は、トランプ政権の政策の行方が不透明なため、上昇しにくい状況です。しかし、底堅い景気を背景に企業業績は良好なため、むしろ割安感が強まっています。当面は政治面からの警戒感が根強いものの、中長期的には上昇方向と思われます。

201702072

 

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up