ユーロ圏の1月景況感とユーロ相場動向

2017/01/26
  1. 1月のIFO企業景況感指数は前月比-1.2ポイントでした。ユーロ高に転じた影響と見られます。
  2. ユーロ圏全体では先行き期待は改善しており、緩やかな景気拡大持続が示唆されていると思われます。
  3. 米国の対ユーロ圏貿易赤字は大きく、今後の米通商政策の企業景況感に対する影響に要注目です。

上昇一服も先行き期待つなぐ

25日、独IFO研究所が発表した1月の企業景況感指数は前月比-1.2ポイントの109.8でした。現況指数が同+0.2ポイントなった一方、期待指数が同-2.3ポイントでした。年初からユーロ高に転じていることで、これまでの楽観がやや修正された側面があると思われます。

ただし、ユーロ圏全体で見た、景気の先行き見通しについては、ZEW景況感指数(期待指数)が底上げしていることから依然良好であり、緩やかな景気拡大持続が示唆されていると思われます。センティックス経済信頼感指数も上昇しています。

201701261201701263

ユーロ圏でも対米貿易摩擦懸念?

ユーロ・ドル相場は、米大統領選挙後のユーロの下落幅の半分余りを戻しています。米国の通商政策が保護主義色を濃くしつつあることが影響していると思われます。

米国の対ユーロ圏貿易赤字(15年実績)は1318億ドルと、全体(7457億ドル)の約18%を占め、うちドイツが748億ドルで最大です。今後、米国の通商政策が為替相場の変動を通じて企業の景況感に与える影響については要注目です。

201701262

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up