トランプ大統領就任後の、当面の米国関連日程

2017/01/24
  1. トランプ米大統領は、就任日の20日に「オバマケア」の見直しを求める大統領令に署名しました。
  2. 23日にはTPPの協議からの離脱を宣言する大統領覚書にも署名し、就任当初の目的を達しました。
  3. 今後、英国をはじめ、NAFTA当事国のメキシコ、カナダ、さらに日本との会談を控えています。

目が離せないトランプ政権の動静

トランプ大統領が早速稼働を始めました。就任日の20日には、医療保険制度改革(オバマケア)の経済的負担を最小化する大統領令に署名しました。また、週明け23日にはTPP(環太平洋パートナーシップ)協定の協議から離脱する旨の大統領覚書にも署名しました。大統領令も大統領覚書も法的拘束力があり、トランプ大統領の就任当初の目的をひとまずは達しました。右表では就任100日(4月30日)までの、米国関連の主な日程をまとめました。

米国関連の今後の政治日程を改めて確認すると、外交では27日に英国のメイ首相との会談、NAFTA(北米自由貿易協定)当事国であるメキシコのペニャエト大統領と31日、近々にはカナダのトルドー首相との会談が予定されています。安倍首相との会談は、現在2月上旬で日程調整が行われているようです。また、最初の国際会議は、3月17-18日に予定されているG20財務相・中央銀行総裁会議です。

国内政治では、1月末にも一般教書演説、2月下旬頃には予算教書が発表される予定で、この間にトランプ政権の掲げる政策内容が次第に明らかになると見込まれます。為替政策を見る点でUSTR(米通商代表部)や財務省の発表する貿易、為替に関する報告書の内容にも注目でしょう。トランプ政権に対する市場の目は、就任前のような期待だけが膨らんだ状況から、保護主義色の濃い通商政策スタンスなど、マイナス面にも向けられ、単純に株高、ドル高、金利上昇の流れではなくなっているだけに、大統領自身や要人の発言も含め、今後の動静からは目が離せません。

201701241

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up