インドネシアの金融政策と今後の通貨、株式市場展望

2016/12/16
  1. 政策金利は4.75%と、2カ月連続で据え置かれました。米大統領選挙後の混乱は限定的でした。
  2. 景気は当局の見方よりも若干上振れしており、17年も内需中心で堅調な成長が予想されています。
  3. 米金利上昇を警戒しつつも、新興国では好調な経済を好感した投資資金が流入すると期待されます。

景気の先行きには自信、当面緩和効果を見極め

12月14-15日のBI(インドネシア銀行)定例理事会では、政策金利の新BIレート(7日レポ金利)が4.75%で据え置かれました。据え置きは2カ月連続です。

BIは、これまでの緩和政策が内需刺激を通じて経済成長を持続させると見込んでおり、16年の実質GDP成長率を+4.8%から+5.0%に上方修正し、17年は+5.0~5.4%と予想しています。また、インフレについては、11月CPIが前年同月比+3.58%と3カ月連続でプラス幅が拡大しましたが、依然としてインフレ目標(+4±1%)の下方で安定しているとしています。当面は、米中の景気刺激的な経済政策の影響に注意を払いつつ、緩和政策の効果を見極めようという姿勢です。

201612167

経済の好調さから市場は耐久性高い

トランプ候補が次期米大統領に選出され、インドネシアでもJCI(ジャカルタ株価指数)が11月8-15日の1週間で約7%下落、インドネシアルピア(以下、ルピア)の対ドル相場も11月8-23日約2週間で約4%下落しました。しかし、現在は双方とも持ち直しに転じています。ルピアの対円相場は、ドル高・円安の進行を受け、米大統領選挙直前から約9%の円安となっています。

インドネシアの資本市場は、新興国の中では比較的落ち着いていたと思われます。米金利上昇による資本回帰への不安が払拭されたわけではありませんが、政情不安がなく国内経済が好調なこと、金融緩和とはいえ先進国と比べれば高い金利水準にあること、などは海外から投資資金が流入しやすい環境と思われ、ルピアの下落リスクは当面小さく、株価も底堅い展開が期待されます。

201612168

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up