ECB理事会を受けた今後のユーロ圏の為替、債券市場展望

2016/12/09
  1. 各種政策金利を据え置く一方、量的金融緩和の期限を延長し、国債の購入条件も緩和しました。
  2. 景気、物価の見通しはやや慎重です。ECBは状況次第で緩和を強化する可能性を否定していません。
  3. 緩やかな物価環境改善を受けてユーロは底堅い一方、中長期金利は異なる動きが見込まれます。

購入額減額も長期化を示唆

12月8日のECB(欧州中央銀行)定例理事会では、各種政策金利が据え置かれました。量的金融緩和については、期限を17年3月から17年12月まで延長する一方、月当たり購入額を800億ユーロから600億ユーロに減額しました。ただし、同時に国債の購入条件を緩和し、購入対象の残存年数を最短2年から1年へ範囲を拡大し、購入利回りが預金ファシリティ金利(現行-0.4%)を下限としていたものを撤廃しました。

量的金融緩和に対する一連の措置は、円滑な資産購入を維持することを目的としており、月当たり購入額の減額は、必ずしも緩和の後退ではないと見られます。声明文では、必要な場合は購入額を再び増額したり、期限をさらに延長することも有り得るとされています。

201612096

インフレ目標達成には時間がかかる

今回は、ECBスタッフによる経済見通しが発表されました。実質GDP成長率、HICP上昇率共に大きな修正はありませんでしたが、HICPについては17年を上方修正(+1.2%→+1.3%)する一方、18年は下方修正(+1.6%→+1.5%)しており、インフレ目標(+2%弱)の達成には時間がかかることを示唆しています。実質GDP成長率についても加速は予想していません。全体的にはやや慎重で、量的金融緩和に対するECBの姿勢につながっていると見られます。

201612097

ユーロはレンジの範囲内、中長期金利は動きに違い

ユーロ相場は、ECBの決定を受けて対ドルで下落しました。本来、購入額減額は緩和の後退→ユーロ高ですが、長期化の可能性を示唆したことがユーロ安に作用しました。ただし、一通り反応した後は安定しています。今後は、政治的な不透明感もあり、上昇余地は小さいと見られますが、物価環境の改善に伴って緩和長期化の思惑も徐々に後退し、これ以上の下落余地も限定的と思われます。

また、中長期の金利は異なる動きが当面続く可能性があります。ECBが国債を購入する際の下限利回りを撤廃したことから、マイナス圏にある2年債や5年債の利回りが低下する一方、10年以上の長期債利回りが上昇しました。物価環境の改善が今後長期債利回りの上昇を促す一方、中期債はECBによる購入が期待されるため利回りは抑えられると見込まれます。ただし、両者共引き続き低位で推移することは変わりないと思われます。

201612098

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up