10月の雇用・物価情勢(日本)

2016/11/29
  1. 10月の失業率は3.0%で前月比横ばいでした。求人倍率はさらに上昇、労働需給のひっ迫が続きます。
  2. 求人倍率の動きから失業率はまだ低下余地があり、賃金増加傾向をより確かにすると期待されます。
  3. 10月のコアコアCPIは前年同月比+0.2%とプラス圏回復です。円高効果がピークアウトの兆しです。

年明け後には3%割れ?

本日、総務省が発表した10月の失業率は、前月比横ばいの3.0%でした。完全失業者数が197万人と、95年2月以来21年8カ月ぶりに200万人を割り込みました。また同日、厚生労働省が発表した10月の求人倍率は、新規が前月比+0.02ポイントの2.11倍、有効が同+0.02ポイントの1.40倍、いずれも91年来と「バブル経済」末期並みの高水準でした。

厚生労働省が発表する毎月勤労統計調査によると、現金給与総額は8、9月連続で前年同月比横ばいでした。方向性は依然増加ですが、これだけ労働需給がひっ迫していても賃金がはっきりとプラス圏に乗ってこないのは、まだ失業率の下げ余地があることを示唆していると思われます。求人倍率は失業率に対して1~2四半期先行して動く傾向があり、年明け後にも失業率が3%を割り込み、賃金増加をさらに確かなものにする可能性があります。

201611291

インフレ率は+1%に絡む展開も

25日に総務省が発表した10月のCPIでは、コアコア指数が前年同月比+0.2%と、プラス圏を回復しました。家具・家事用品や教養・娯楽の中の、円高の影響を受けやすい一部品目が、円安を受けて上昇に転じたことが全体を押し上げました。

1ドル110円前後を前提にすると、17年前半にも円高の影響はほぼ払しょくされると見込まれます。これに、雇用環境のさらなる改善による賃金増加傾向の定着が加わると、インフレ率は今後徐々に上昇していくことが期待され、17年後半に前年比+1%に絡む展開になってもおかしくないと思われます。

201611292

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up