豪準備銀行、政策金利据え置き~豪ドルに好材料多し?

2016/11/01
  1. RBA(豪準備銀行)は本日の理事会で政策金利を1.5%に据え置きました。低インフレ続き様子見です。
  2. 個人消費主導の経済成長が続きますが、商品市況の回復で企業活動にも改善の兆しが見られます。
  3. 豪ドルは商品市況に比べて割安なほか、利下げ観測の後退もあり、底堅い推移が当面続きそうです。

経済成長のベースに拡大の兆し

本日、RBA(Reserve Bank of Australia、オーストラリア〔豪〕準備銀行)が定例理事会を開き、政策金利のキャッシュレートを1.5%に据え置きました。

良好な雇用環境の下、豪経済は個人消費主導の経済成長が続いています。ただし、雇用の増加は非正規が中心で、賃金の伸びを抑制しています。7-9月期のCPIは前年同期比+1.3%と前期から伸びが回復しましたが、目標(+2~3%)を下回る低インフレは当面続きそうです。一方、商品市況が落ち着いていること、中国を初めとしたアジア経済が底堅さを増していることから、このところ輸出が持ち直してきており、企業の景況感に改善の兆しが見られます。RBAは声明文で、現行政策がインフレ目標達成に向けて最適としており、当面は政策効果を見極める局面となりそうです。

201611012

豪ドルは商品市況に対する割安感に利下げ観測後退の好材料加わる

豪ドルは対米ドルで底堅く、対円では堅調に推移しており、9月半ばには1豪ドル76円台だったものが、足元は79円台まで上昇しています。

代表的な国際商品指数のCRB指数は、年央まで回復した後、比較的落ち着いています。これに対する豪ドルの出遅れ感は依然根強く、上昇余地を残していると思われます。また、一時強まっていた追加利下げ観測が、CPIの伸び回復で後退したことも支援材料です。米国の利上げ観測が強まっていることは豪ドルにとってマイナスですが、景気の実体を伴う利上げならば、かえって投資資金の世界への分散が促され、多くの新興国と同様、逆に豪ドルにとってプラスと思われます。

201611013201611014

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up