メキシコ経済の現状とペソの展望

2016/11/01
  1. 7-9月期の実質GDP成長率は前期比+1.0%でした。個人消費が堅調で第三次産業が伸びました。
  2. 歴史的なペソ安を背景に、自動車を中心とした製造業が好調で、今後も増勢が続く見込みです。
  3. 目先、米大統領選を控えペソは神経質な展開が予想されますが、高金利は投資妙味となるでしょう。

予想より好調

10月31日、INEGI(メキシコ国立統計地理情報院)が発表した16年7-9月期の実質GDP成長率(速報値)は前期比+1.0%、前年同期比+2.0%でした。3年ぶりに前期比マイナスとなった前期から反発し、市場予想も上回りました。

現段階で公表されている産業別内訳をみてみると、前期比+1.5%と5年ぶりの上げ幅となった第三次産業が、旺盛な個人消費を背景に好調です。一方、第二次産業は、同-0.1%と2期連続のマイナス成長となりました。世界的な需要低迷による原油安やペソ安を受け、マイナスが続く石油生産が、鉱工業の足かせとなりました。ただ、製造業は歴史的なペソ安を追い風に、特に自動車が好調で、9月の製造業輸出は7年ぶりの拡大となりました。こうした製造業の巻き返しとともに、原油価格の底打ち感を背景にメキシコの貿易は底堅く推移し、GDPの成長に貢献したと見られます。

mexico%e2%91%a0

 

中長期で加速

メキシコペソ(以下、ペソ)は、原油価格の落ち着きや米大統領選挙でのクリントン候補リードとの観測を受け、史上最安値圏から回復傾向にあります。また、中銀は今年に入ってから計3回、1.5%の利上げを行い、ペソを下支えしています。さらには、最近のCPIの伸びから年内追加利上げ観測も台頭しています。

米国大統領選を控え、目先ペソは神経質な展開が予想されます。ただし、市場が落ち着けば、相対的に高い金利や中長期の成長見通しが投資妙味となり、メキシコへの投資が加速し、ペソは下支えされると考えられます。

 

mexico%e2%91%a1

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up