トルコ、上限金利据え置き~景気重視の政策で市場は?~

2016/10/21
  1. トルコ中央銀行は限界貸出金利を8.25%で据え置きました。景気減速が目立つ中で予想外でした。
  2. 政府は中銀の金融緩和スタンスを支持しつつ、財政出動によって景気を刺激していくと見込まれます。
  3. 通貨リラは売られ過ぎの感もあり、財政・金融政策で景気が持ち直せば上値余地が出てきそうです。

通貨防衛の色彩濃い今回の据え置き

トルコ中央銀行(以下、中銀)は、20日に開いた金融政策委員会で、政策金利を7.5%に据え置き、8カ月連続で引き下げてきた上限金利(限界貸出金利)を8.25%に据え置きました。インフレ率が目標(+5±2%)を上回る状態の下、金融政策簡素化の一環として、そして、エルドアン政権からの圧力ともいえる金融緩和推奨を受けて利下げをしてきたことがトルコリラ(以下、リラ)の下落圧力になってきたことは否めず、通貨防衛のための据え置きという側面もあると思われます。

一方、トルコ経済は、国内政治の混乱もあって、景気減速が目立っています。最も顕著に表れているのは雇用環境です。失業率は7月時点で11.2%と3、4月の9.9%から急上昇し、4~7月の3カ月間で雇用者数が29.7万人減少する一方、失業者数は38.5万人増加しました。政府は中銀の金融緩和を歓迎する一方、積極的な財政出動によって景気を刺激すると見込まれます。

201610213

年明け後の景気底打ちによる反転上昇に期待

エルドアン政権は非常事態宣言の90日延長を決めたものの、長期化も予想され、リラには重しです。一刻も早い社会の安定化が待たれます。一方、利下げは今後の景気刺激要因であり、財政出動も同様です。リラは政治要因で売られ過ぎているともいえ、政策効果で年明け後に景気が持ち直して来れば、上昇余地も出てくると思われます。

201610214

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会