「オクトパスの呪い」は本当か?~株式よもやま話~

2016/10/04
  1. 「オクトパスの呪い」とは、”October”と掛けて10月は株価が急落しやすいことを示す市場の隠語です。
  2. ただし、10月は株価急落と同じ程度に急騰も多い月であり、乱高下しやすい月と言えるでしょう。
  3. 一方、11月から5月は概して好パフォーマンスであり、10月に急落したら買い場かもしれません。

半分正しい「オクトパスの呪い」

「オクトパスの呪い」という言葉があります。これは、オクトパス(タコ)が不吉な生物とする西欧諸国が多いのと、”October”(オクトーバー)(10月)の音が類似していることに掛けて、10月は株価が急落しやすい不吉な月とする市場の隠語です。はたして、呪いは本当なんでしょうか?

右図は、東京証券取引所の開所(1949年5月16日)から直近までの日経平均株価の日々騰落率のうち+3%以上と-3%以下の回数を月別にカウントしたものです。3%としたのは、上下3%以上の騰落が起こる確率がおよそ1%であることを目安にしたものです。これによると、3%以上下落した回数は255回、うち10月は30回で最多でした。「オクトパスの呪い」は一面では正しいと言えます。しかし、3%以上上昇した回数も全部で221回のうち10月は30回で同じく最多でした。つまり、10月は乱高下しやすい月ということができます。

201610044

下がれば押し目買い!?

また、月別に見た平均騰落率は10月が-0.5%で最低、標準偏差(騰落率のブレ度合い)は5.4%と、1月(5.5%)に次ぐ高水準でした。確かに10月は、収益を獲得するのは難しい月といえるでしょう。

一方、11月から5月にかけて、日経平均株価は概して好パフォーマンスが続く傾向があります。今年の10月は2日続伸しており、好調な滑り出しを見せていますが、もし何か大きな悪材料に見舞われて株価が急落した時は、逆にその後の好パフォーマンスに期待して押し目(下落した水準)を拾う(買う)チャンスなのかもしれません。

201610045201610046

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up