南アフリカの金融政策と今後のランド相場について

2016/09/23
  1. 南ア準備銀行(SARB)は92022日の金融政策委員会で、政策金利を7.00%で据え置きました。
  2. SARBの目標(+36%)圏内へのインフレ落ち着きに伴い、満場一致で据え置きを決定しました。
  3. 世界的な高利回り志向が、引き続き南アフリカランド(以下、ランド)の下支えになる見通しです。

3会合連続据え置き

SARBは9月20~22日の金融政策委員会において、満場一致で政策金利を7.00%に据え置きました。インフレの落ち着きや脆弱な内需見通しが背景にあります。

8月のCPIは前年同月比+5.9%と、7月の同+6.0%より減速し、8カ月ぶりに中銀のインフレ目標上限+6%を下回りました。

干ばつの影響が依然根強く、8月の食品・飲料が同+11.3%と高止まりしているものの、原油や電気価格の落ち着きやランド安一服が貢献しました。

年後半は降雨量回復も予想されており、SARBの見通しではインフレは今年10-12月期のピークを境に減速し、17年4-6月期には目標圏内の+6%に収束する見通しです。16年、17年のインフレ見通しもそれぞれ+6.6→+6.4%、+6.0→+5.8%と下方修正しました。

一方、4-6月期の経済成長率は純輸出の急増などを背景に、前年同月比+0.6%と市場予想を上回りました。SARBも16年、17年経済成長率見通しをそれぞれ、0→+0.4%、+1.1→+1.2%とわずかながら上方修正し、深刻な景気後退には陥らない公算が高まっています。

 

20160923%e2%91%a0

内外要因に振らされる展開

ここ最近の商品市況回復は、ランドにとってプラスに寄与する一方、年後半は米国利上げ時期をめぐる投資資金の流出入や、国内においては構造改革の進捗度合いによる格下げ懸念など、内外要因に振らされる展開となりそうです。しかし経済の持ち直し期待と、相対的に高い金利を志向する傾向から、ランドは対ドル・対円ともに底堅く推移することが見込まれます。

20160923%e2%91%a1

 

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up