6月の鉱工業生産について(日本)

2016/07/29
  1. 6月の生産指数は前月比+1.9%でした。輸出の増加を背景に幅広い業種で増加が見られました。
  2. 夏場の生産は底堅く推移しそうです。世界的な景気減速一巡の兆しも影響していると思われます。
  3. 年度後半以降、景気対策効果も加わってくると見込まれ、生産は底堅い推移が続くと期待されます。

熊本地震の影響の反動も

本日、経済産業省が6月の鉱工業指数を発表し、生産指数は前月比+1.9%でした。熊本地震の影響に対する反動も加わり、堅調な結果でした。

業種別では化学工業(除く医薬品)(前月比+4.0%)、輸送機械工業(同+1.6%)、金属製品工業(同+5.0%)など、主要16業種中14業種がプラスでした。実質輸出が前月比+4.3%と大幅に増加したことが要因と見られます。底堅い米国景気に加え、新興国経済もこのところ下げ止まりつつあるなど、世界的に景気減速の流れが一巡する兆しが出てきていることが影響していると考えられます。

年度内生産は底堅く推移か

生産予測指数によると、7月は前月比+2.4%、8月は同+2.3%と、企業生産は堅調に推移すると予想されています。国内でも、熊本地震からの復興や予算の前倒し執行など、公共事業を中心に生産が下支えられる面があります。また、スマートフォンに係る電子部品の供給が堅調という見方もあります。在庫水準が高いため、高い伸びこそ期待しにくいものの、夏場にかけての生産環境は良好です。

これから審議される補正予算の執行も企業の生産にはプラスです。政府が提示した景気対策は事業規模約28兆円、真水(直接の財政支出)が複数年で約6兆円と、真水の規模からはややインパクトに欠けるものでしたが、財政投融資を活用したインフラ整備を積極化すれば、期待以上の効果もあると思われます。年明け後は、景気対策の効果が実際に表れてくるため、生産は底堅い推移が持続すると見込まれます。

201607293

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up