英国の16年4-6月期GDP速報~英ポンド相場の行方は?

2016/07/28
  1. 英国の164-6月期実質GDP成長率は前期比年率+2.4%。Brexit前の景気は堅調でした。
  2. センチメント指標では、7月以降の景気減速が示唆されており、中長期的にも減速が予想されます。
  3. 英ポンド相場は、離脱後の不透明感は拭えないものの、景気対策には前向きな反応が期待されます。

中長期的には景気減速が避けられない情勢

27日に英国家統計局が発表した16年4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.4%でした。Brexit(英国のEU〔欧州連合〕離脱)決定前の英国経済は、底堅い推移をしていたことが示されました。

需要項目別の内訳は未発表ですが、小売売上高が堅調だったのに加え、貿易収支も改善し、内・外需でバランスのとれた成長になったと見られます。7月以降の経済指標はこれから発表されますが、センチメント指標では、ZEW(欧州経済研究センター)の7月期待指数が-77.2と、リーマンショック時を下回る92年以降最低を記録するなど、不透明感が非常に強まっていることが示されました。アムンディは16、17年の実質GDP成長率をそれぞれ前年比+1.1%、+0.2%と、内需の伸び悩み等を背景に減速すると予想しています。

201607283

不透明感残るものの、景気対策にはプラスの反応も?

英ポンド相場は、Brexit決定後急落し、対ドルでは約31年ぶりに1ポンド1.3ドルを、対円でも3年8カ月ぶりに130円を一時割り込みました。しかし、早くも13日にはメイ新首相が就任し、政治的不透明感が幾分和らいで持ち直しました。その後は、EUとの交渉が年明け後になるとの見方からもみ合いとなっています。

英国経済は減速が予想されていますが、元々底堅かったことから、当面、勢いが続く可能性があります。また、追加金融緩和実施の公算が大きいほか、ハモンド新財務相は景気対策に前向きです。英ポンド相場は、中長期的な不透明感から上値は限定的ですが、政策総動員には前向きな反応が期待されます。

201607284

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up