ECB理事会と当面のユーロ相場について

2016/07/22
  1. 各種金融政策は据え置かれました。Brexit後、市場、経済は落ち着いており、政策を温存した形です。
  2. Brexitのユーロ圏経済への影響は、IMFによると大きな下押し要因にはならないと見られています。
  3. ユーロ相場は追加金融緩和の有無次第ですが、緩和の緊急性が高まらない限り底堅いと思われます。

市場が落ち着き政策判断に時間的猶予

7月21日、ECB(欧州中央銀行)の定例理事会が開かれ、各種金融政策は現行で据え置かれました。Brexit(英国のEU〔欧州連合〕離脱)が決定し、世界の資本市場が一時大きく混乱しましたが、現在は落ち着きを取り戻しており、今後の影響を見極めるために政策を温存した形となりました。

ちなみに、7月19日にIMF(国際通貨基金)が世界経済見通しのアップデート版を発表し、ユーロ圏の実質GDP成長率について、16年は0.1ポイント上方修正の+1.6%、17年は0.2ポイント下方修正の+1.4%としました。この見通しからは、Brexitのユーロ圏経済に対するマイナスの影響はそれほど大きくなく、追加緩和の緊急性は乏しいように見えます。

201607221

追加金融緩和の有無に対する思惑次第

次回の会合(9月8日)では、ECBスタッフによる経済見通しが発表される予定です。政策判断はそれに基づいてなされると見られます。IMFの見通しを見る限り、大きく下方修正される可能性は低く、追加金融緩和の要否については、ひとまず中立的なスタンスにあると見られます。

ユーロ相場は、Brexit決定直後に大きく下落し、対円相場は6月24日日中に1ユーロ110円を割り込んだものの、その後はドル高・円安が進行したこともあり、116円台に戻しています。今後の相場展開は、追加金融緩和の有無に対する思惑に影響されるものの、緩和の緊急性が高まらない限りユーロ売り圧力も強まらず、底堅く推移すると見込まれます。

201607222

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up