6月の小売売上高と最近の消費マインド(米国)

2016/07/19
  1. 6月の小売売上高は前月比+0.6%で3カ月連続増加、4-6月期は個人消費が回復したと見られます。
  2. 消費マインドは英国のEU離脱決定後の混乱を克服し、株価の堅調も手伝って底堅く推移しています。
  3. 先行き不安の増大が気がかりですが、当分は所得増加の効果が個人消費増加に貢献しそうです。

4-6月期の個人消費は好転か

7月15日に米商務省が発表した6月の小売売上高は前月比+0.6%でした。3カ月連続増加となり、4-6月期では前期比+1.4%と、1-3月期の同-0.1%からプラス転換し、個人消費の回復が印象付けられる結果でした。

セクター別では、建材・園芸が2カ月連続減少の反動で前月比+3.9%、無店舗小売業が同+1.1%で、この2セクターで0.5%押し上げました。総合商業施設も底堅く、うち百貨店が同+0.7%、その他(スーパー等)が同+0.3%でした。

201607192

所得増加の個人消費押し上げ効果に期待

消費マインドは、ミシガン大学消費者信頼感指数の7月速報値が前月比-4.0ポイントの89.5と伸び悩みましたが、前回の景気拡大期(01年11月~07年12月)でのピークに近い水準であり、基本的にマインドは良好です。ただし、同指数の構成指数である現況指数と期待指数との差が大きく拡大しており、中長期的(1~2年程度)には景気のピークが近付いていることを示唆していることは留意する必要があるでしょう。一方、週次の消費者安心度指数は足元堅調で、英国のEU(欧州連合)離脱決定後の混乱を克服し、株価が堅調なことが好感されていると思われます。

雇用・所得環境が依然として良好であり、賃金の伸び率も徐々にではあるものの上がってきているため、今後、その効果が浸透し、当分は個人消費の増加に貢献しそうです。

201607193

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up