16年4-6月期GDP統計(中国)

2016/07/15
  1. 実質GDP成長率は前年同期比+6.7%、前期と同じでした。主に第二次産業が下支えしました。
  2. 個人消費、固定資本投資共に減速傾向が続きましたが、外需の寄与度が好転したと見られます。
  3. 景気は中長期的に減速方向ですが、これまでの金融緩和等の効果で当面は底堅いと見込まれます。

中国元の下落で輸出競争力回復か

本日、中国国家統計局が発表した16年4-6月期の実質GDP成長率は前年同期比+6.7%で、前期と同じでした。第三次産業は同+7.6%から+7.4%へ減速したものの、第二次産業は同+5.8%から+6.4%へ加速し、景気を下支えしました。

4-6月期平均で見た主な経済指標の動きは、小売売上高が前年同期比+10.2%で、前期の同+10.5%から減速、固定資本投資も同じく+10.5%から+8.3%へ減速し、内需が振るいませんでした。一方、輸出が同-8.5%から-3.6%へ、輸入が同-13.5%から-6.6%へと輸出入の減少ペースが和らいでおり、特に輸出が復調に転じつつあることは成長にとってプラスです。これは中国元下落による輸出競争力回復に加え、新興国経済の落ち着き、緩やかな欧州景気の回復などが影響したと見られます。

201607151

預金準備率引き下げなどまだ緩和余地は大きい

中国経済は、消費主導の経済構造への移行期であり、中長期的には減速する方向にあります。IMF(国際通貨基金)は16、17年共に減速すると予想しており、アムンディの予想も方向性は同じです。

しかし、これまでの利下げや預金準備率の引き下げといった金融緩和の効果が、景気を下支えする状況が当面は続くと見込まれます。しかも、預金準備率は17%(大手銀行)とまだ高水準です。90年からリーマンショック前の07年までの平均は約10%であり(最低は6.0%)、まだ大きな引き下げ余地があります。今後も必要に応じて機動的に引き下げていくことが可能であり、大幅な景気減速に陥るリスクは小さいと思われます。

201607152

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up