参議院選挙の結果と今後の政策課題

2016/07/11
  1. 10日に実施された参議院選挙では、非改選も含めて与党が過半数の議席を確保しました。
  2. 安倍総裁率いる自民党は1212月の衆議院選挙以来4連勝で、政権は安定度を増しそうです。
  3. 当面の課題は、伸び悩む日本経済の活性化であり、景気対策の規模、内容が注目されます。

ほぼ順当な与党勝利

7月10日に実施された第24回参議院議員通常選挙は、与党の自民・公明両党が、非改選も含め146議席を確保し、過半数の122議席を大幅に上回りました。選挙情勢については、当初から与党の優位が伝えられており、ほぼ順当に勝利をおさめたと言えるでしょう。

安倍総裁率いる自民党は12年12月の衆議院選挙以来、衆・参合わせて4連勝ということとなり、安倍政権はより安定度を増し、今後の政権、及び国会運営は、より円滑となることが期待されます。

201607114

景気対策と「アベノミクス」の行方

今後の政権運営は経済優先になると見込まれます。消費税増税後、国内景気は振るわず、需要不足の状態が続いています。GDPギャップを見ると、消費税増税直後の状態から需要不足は徐々に縮小していますが、16年1-3月期時点でも6兆円弱あります。これを埋めて余りある景気対策が期待されているのが現状です。

9月にも召集される予定の臨時国会では、景気対策が焦点となり、10兆円規模が予想されます。この中には、社会保障、社会福祉の充実のほか、今回の選挙公約でもある、5年で30兆円を投じてインフラ整備等を充実させる「超低金利活用型財政投融資」も一部含まれると見込まれます。実現すれば、「GDP600兆円」を目指す「アベノミクス」の実現可能性がより高まることが期待されます。

201607115

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up