ユーロ圏の物価情勢(6月)、雇用(5月)

2016/07/04
  1. 6月のHICP総合は、前年同月比+0.1%と5カ月ぶりプラス圏です。サービス品目が堅調です。
  2. 失業率は10.1%と1ケタ台まであと一息です。フランス、スペインで失業者減少が目立ちました。
  3. 雇用環境は今後も徐々に改善し、HICPは17年後半にも+1%台後半への上昇が期待されます。

英国EU離脱の影響は小さい可能性も

1日、Eurostat(EU統計局)が発表した6月のHICP(速報)は、総合が前年同月比+0.1%、コア指数は同+0.9%でした。原油価格の回復で、エネルギー指数が5月の同-8.1%から-6.5%へマイナス幅が縮小したことが影響しました。コア指数は工業製品が伸び悩んだ一方で、サービスが堅調で5月の同+0.8%から若干プラス幅が拡大しました。

春頃までのエネルギー価格の大幅安をこなし、緩やかな景気回復によって、インフレは徐々に安定を取り戻しつつあります。英国のEU離脱によるユーロ圏の景気に対する影響が不透明要素となりますが、英国の混乱ぶりを見て域内の結束が強まることも考えられ、景気の大幅減速によってインフレ率の改善が大きく損なわれるリスクは小さいと思われます。

201607048

昨年以上の失業者減少ペース、インフレに好影響

同日発表された5月の失業率は10.1%でした。1ケタ台が目前です。失業者数は前月比-11.2万人でした。1-5月の累積では-55.1万人と、前年同期の-48.0万人よりハイペースで失業者が減少しています。スペイン(-21.2万人)、フランス(-9.1万人)、スペイン(-6.5万人)など、主要国が主導していますが、周辺国の雇用環境も着実に改善しています。

失業率が1ケタ台に低下してくると、インフレ率の上昇につながると考えられます。過去の失業率とHICP前年同月比との関係で見ると、9%台では平均で+1.4%程度と計算されます。現在の失業率の低下ペースならば、17年後半にも+1%台後半に上昇してくると期待されます。

201607049

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up