5月の鉱工業生産について(日本)

2016/06/30
  1. 5月の生産指数は前月比-2.3%でした。内・外需双方の伸び悩みを映し、生産は一進一退です。
  2. 円高進行から一部電子製品が落ち込んだほか、設備投資の緩慢な伸びから機械も減少しました。
  3. 政策発動の狭間で伸び悩んでいる可能性もあり、景気対策によって年後半の回復が期待されます。

円高の生産押し下げ効果も次第に表面化

本日、経済産業省が5月の鉱工業指数を発表し、生産指数は前月比-2.3%でした。熊本地震の影響があっても微増だった4月に対してマイナス幅が拡大しました。

業種別では、化粧品(除く医薬品)が前月比-7.5%、はん用・生産用・業務用機械工業が同-2.2%、電子部品・デバイス工業が同-3.2%などでした。スマートフォンやAV機器、半導体などの減少が目立ち、円高進行による輸出競争力の減退が次第に生産に表れてきている面もあると思われます。また、化粧品の減少が化学工業を大きく押し下げ、インバウンド消費(非居住者の国内消費)も含めた国内需要の伸び悩みが見られました。なお、生産予測指数は6月が前月比+1.7%、7月が+1.3%と回復が予想されています。ただし、これまでに実際どの程度の増加率が実現したかを加味すると、横ばいから微増と見込まれます。

201606301

年後半の政策効果による持ち直しを期待

出荷・在庫循環から見た現在の生産環境は4月と大きく変わっていません。出荷が伸び悩む中、在庫調整の進捗がやや鈍っている様子が見られます。循環図の上では、在庫調整は半ば辺りですが、内・外需の伸びが今一つなため、なかなか在庫がはけない状況にあると見られます。

今後の生産の持ち直しには、景気対策による押し上げ効果が期待されます。16年度はすでに歳出の前倒しが行われているほか、年度後半には追加財政出動が実施される公算が大きく、歳出前倒しの効果は夏場辺りから、追加財政出動の効果は年末辺りから生産を押し上げ始めると期待されます。

201606302

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up