2月の鉱工業生産(日本)

2016/03/30
  1. 2月の鉱工業生産は前月比-6.2%でした。一部業種の特殊要因を考慮すると横ばい状況です。
  2. 業種によっては在庫調整が進んでおり、目先は反動も含めて増加に転じることが見込まれています。
  3. 当面は成り行きが不透明ですが、政府の景気対策次第では年央以降堅調な展開が予想されます

傾向としては見た目ほど弱くない

本日、経済産業省が2月の鉱工業指数を発表し、生産指数は前月比-6.2%でした。トヨタ自動車の一時生産停止で輸送用機械工業が同-10.2%と大幅減少し、全体を2%程度押し下げたことを考慮すると前月(+3.7%)と合わせてほぼ横ばいと判断されます。また、電子部品・デバイス工業(同-14.7%)、はん用・生産用・業務用機械工業(同-7.3%)は中国の春節(旧正月、2月7~14日)を控え、生産が1月に前倒しされた影響が考えられます。

生産予測指数は3月が前月比+3.9%、4月が同+5.3%でした。今回の反動も含め、増加に転じることが見込まれています。ただし、平均的には予測指数は実績に至る2カ月間で平均3%程度下方修正される傾向にあるため、6~7掛けくらいで考えておくのが妥当かと思われます。

201603301

在庫環境は最終局面、生産回復へ「政策待ち」の段階

出荷と在庫の動きの関係から現在の生産環境を見ると、小幅ながら在庫が減少に転じているため、在庫調整による生産抑制は最終局面にあると思われます。在庫の動きは製品系が減少傾向(iPhone不振の情報通信機械は増加)、素材系が増加傾向と明暗が分かれており、全般的に生産が底打ちする状況とは言い切れません。

今後、生産が明確に回復に転じるカギは、政策の動向でしょう。相当規模の景気対策が打ち出されて需要が底上げされれば、年央以降の生産が堅調に推移することが期待されます。海外経済に目覚ましい回復が期待しにくいなか、当面は政策待ちの段階でしょう。

201603302

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up