2月の雇用・物価情勢(日本)

2016/03/29
  1. 2月の失業率は前月比+0.1ポイントの3.3%、有効求人倍率は1.28倍で横ばいでした。
  2. 2月のCPIコアコア指数は前年同月比+0.8%と1%弱のプラスが半年ほど続いています。
  3. 景気足踏みで改善一服ですが、労働需給ひっ迫が物価上昇圧力となる流れが続いていると見られます。

労働需給ひっ迫傾向は変わらず

本日、総務省が発表した2月の失業率は3.3%と、前月比+0.1ポイントでした。25歳未満の若年層が上昇した一方、25~54歳の中堅層が総じて低下しました。また、就業者数が前月比-58万人、完全失業者数が同+4万人でした。主に、製造業、運輸・郵便業、医療・福祉の就業者が減少しました。なお、非労働力人口が同+47万人となっており、これらを総合すると、短期アルバイト等の終了や退職が一時的に増加した可能性があります。

求人倍率は、新規求人倍率が急低下しましたが、1月の急上昇の反動と思われます。有効求人倍率は前月比横ばいでしたが、新規、有効共に求人数は増加し続けており、全体的には労働需給がひっ迫した状態が続いています。

201603291

円安効果が後退する中、内需による物価底上げができるかが今後の課題

また、3月25日に発表された2月のCPIはコア指数が前年同月比横ばいでしたが、より基調を示しているとされるコアコア指数は同+0.8%と、1月から0.1ポイント上昇しました。衣料、教育、教養娯楽などのプラス幅が拡大したことが寄与しました。

円安効果の剥落で、これまでのCPIのプラス幅拡大に対する寄与度が大きかった家電、身の回り品、衣料などの上昇が、今後は期待しにくくなっています。今後は内需による物価の底上げができるかが、物価安定に向けたカギと思われます。財政出動を促したG20の声明に応じて日本でも景気対策を打ち出す可能性が高まっていると思われます。

201603292

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up