3月のユーロ圏景況感指標

2016/03/23
  1. 3月のIFO企業景況感指数は前月比+1.0ポイントの106.74カ月ぶりに前月比上昇しました。
  2. 小売業の業況回復が大きいほか、製造業も底堅く、内需主導の緩やかな景気拡大を示しています。
  3. 景況感改善は追加金融緩和の思惑を後退させ、ユーロ相場にプラスの影響を与えると思われます。

景気減速懸念に対して底打ち感

3月22日、独IFO研究所が発表した3月の企業景況感指数は前月比+1.0ポイントの106.7となり、4カ月ぶりに前月比上昇しました。主要業種では小売業の改善が大きかったほか、製造業も底堅く、内需主導の緩やかな景気回復が維持されつつあることを示したとみられます。

ユーロ圏の景況感を示す他の指標を見ると、製造業PMIが前月比+0.7ポイントの53.7で3カ月ぶりに上昇しました。一方、ZEW景況感指数(期待指数)は同-3.0ポイントの+10.6、センティックス経済信頼感指数も同-0.5ポイントの+5.5となっています。調査対象が投資家であるZEW、センティックスに対して、企業が調査対象であるIFO指数とPMIがプラスに転じたことは、ユーロ圏景気の減速懸念に現場感覚で底打ち感が出てきたといえそうです。

201603231

ユーロ・ドル相場はレンジでの展開が続きそう

3月10日、ECB(欧州中央銀行)が追加緩和を実施しました。これは、通貨需給という点でユーロ安要因と考えられますが、景況感が好転してくると、さらなる追加緩和の後退につながり、ユーロは底堅くなりそうです。

こうしたことから、ユーロ・ドル相場は1ユーロ1.05~1.15ドルのレンジが当面は続きそうです。また、対円相場はドル・円相場の影響を受けて円高となっていますが、当面は安定しそうです。

201603232

※ZEW景況感指数:ドイツの調査機関ZEW(欧州経済研究センター)がアナリスト、機関投資家、市場関係者に対するアンケート調査を基に算出 ☆センティックス経済信頼感指数:ドイツの調査会社センティックス社が個人投資家、機関投資家に対するアンケート調査を基に算出

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up