南アフリカの金融政策と今後のランド相場について

2016/03/18
  1. 南ア準備銀行(SARB)31517日の金融政策委員会で、政策金利を7.00%へ引き上げました。
  2. 高インフレと景気停滞のジレンマの中で、インフレ抑制と通貨下支えを優先した形です。
  3. 投資家心理が改善すれば、南アフリカランド(以下、ランド)の高金利が妙味となると思われます。

商品市況安、政局混乱、格下げ懸念と困難続き

南アフリカ準備銀行(SARB)は3月15~17日の金融政策委員会で、政策金利を0.25%引き上げ、7.00%に決定しました。1月に続き、2会合連続の利上げです。

食料品高騰を背景としたインフレ高進の抑制と、政局不安で下振れするランドを下支えするためです。1月のCPIは前年同期比+6.2%と12月の同+5.2%から加速、主に食料品・飲料の価格上昇によるものです。また、インフレ見通しにおいても、長期間にわたり、中銀目標の上限+6%より上振れしていることから、今回の利上げに踏み切りました。

高インフレと景気停滞のとのジレンマの中で中銀は、利上げによって「物価を安定化させる使命を全うする」という意思表示をしました。昨年末、1週間内に2度も財務相を交代させたズマ大統領のドタバタ劇や、市場信任の厚いゴーダン財務相と警察との衝突に市場が嫌気をさし、通貨ランドは下落基調にありました。格下げ懸念も依然くすぶっています。

商品市況下落と新興国市場に対する市場心理の悪化で、南ア経済は下落の一途をたどっており、中銀は16年17年の成長率見通しを、それぞれ0.9→0.8%、1.6%→1.4%へと下方修正しました。

201603183

高金利が妙味に

SARBの利上げ発表後、ランドは対ドルで上昇し、それまでの政局不安や格下げ懸念による下落分は帳消しとなりました。

原油価格落ち着きなどにより投資家心理が改善されれば、相対的に高い金利が妙味となり、ランドの地合いが好転することが予想されます。

201603184

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up