2月の米国物価指標について

2016/03/17
  1. 2月のCPIコア指数は前年同月比+2.3%でした。財指数がプラス転換するなど改善が続いています。
  2. 商品市況低迷による物価押し下げ効果が残っていますが、3月以降はその解消が進みそうです。
  3. このペースで物価環境が改善すれば、再利上げが実施される可能性が高まると思われます。

着実に進む底上げ

米労働省は15日にPPI(生産者物価指数)、16日にCPI(消費者物価指数)を発表しました。CPIコア指数は前年同月比+2.3%と、4カ月連続でプラス幅が拡大し、+2%台が定着してきました。

幅広い物価底上げの動きが進んでおり、インフレ率を押し上げています。財コア指数が前年同月比+0.1%と、13年2月以来3年ぶりにプラス圏に転じてました。サービスコア指数はウエイトの高い住居費がけん引していますが、その他のサービス品目のプラス幅も拡大しています。一方、PPIはインフレ圧力指標とされる中間財コア指数が同-3.1%と大幅マイナスが続いています。ただし、商品市況が好転しており、影響を受けやすい化学、金属などを中心にマイナス幅縮小の動きが出てきそうです。

201603174

再利上げ、見送りでも遠くなったわけではない

金融政策判断の際の参考物価指標であるPCE(個人消費支出)価格指数は、1月時点で前年同月比+1.3%です。エネルギーのマイナス幅は大幅に縮小し、原油安の影響の剥落が本格化しています。

また、コア指数は同+1.7%と、14年9月以来1年5カ月ぶりの+1%台後半となりました。賃金の伸び回復が遅々としていますが、改善方向は変わっていません。賃金上昇と物価上昇との正の循環の歯車が回りつつあると思われます。15-16日のFOMC(米連邦公開市場委員会)では利上げが見送られたものの、利上げは遠ざかったわけではなく、このペースで改善が進めば、再利上げされる可能性が高まると思われます。

201603175

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up