1月のCPI(消費者物価指数)~リフレ政策の今後は?(日本)

2016/02/26
  1. 1月のCPIコア指数は前年同月比横ばい、コアコア指数は同+0.7%でした。前月から鈍化しました。
  2. 耐久財で円安効果の剥落が見られたほか、食品、衣料なども鈍化し需要鈍化の影響が見られました。
  3. 財政政策による景気刺激が必要との見方もあり、本日からのG20やその後政策対応に注目です。

プラス幅拡大が頭打ち

本日、総務省が発表した1月のCPIはコア指数が前年同月比横ばい、コアコア指数は同+0.7%でした。コアコア指数はプラス幅拡大が止まっています。

15年後半以降、円安の流れが止まり、さらに年明け後、1ドル110円台にドル安・円高が進行し、円安効果の剥落が見られました。白物家電が多い家庭用耐久財が、15年12月の前年同月比+4.7%から1月は+1.0%、オーディオ・ビジュアル(AV)機器が含まれる教養娯楽用耐久財が同じく+14.7%から+11.7%と、いずれもプラス幅が大きく縮小しました。これらは輸入の割合が大きくなる中で、為替相場の影響を受けやすくなったことが影響していると見られます。

201602263201602264

財政出動がCPI底上げのカギ?

また、食料(生鮮食品除く)が15年12月の前年同月比+2.3%から+2.1%へ鈍化し、被服及び履物も小幅に鈍化しました。暖冬の影響が考えられますが、家計の節約志向も影響していると見られます。

マイナス金利導入など、日本は追加緩和によるリフレ政策を粘り強く続けていますが、政権交代以前の過剰な円高の修正は一服しつつあり、円安によるインフレ期待の醸成とそれによる内需の刺激が難しくなってきたと思われます。本日から上海で開かれるG20財務相・中央銀行総裁会議では、財政政策による景気下支えが議論になる可能性もあります。今後、財政出動による景気刺激がCPI底上げのカギになることも考えられ、議論の行方とその後の政府の対応に注目です。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up