S&P社、ブラジルを格下げ~市場の影響は限定的

2016/02/18
  1. 米格付け会社S&P社がブラジルの外貨建て債務格付けをBB+からBBへ引き下げました。
  2. 財政事情悪化にもかかわらず、政局の混乱で財政再建の審議が進まず不透明感が根強い状態です。
  3. 財政状況には要注意ですが市場はすでに織り込んでおり、当面は商品市況の動向に注目です。

大手3社のうち2社が投資不適格

米大手格付け会社のS&P(スタンダード・アンド・プアーズ)社は17日、ブラジルの外貨建て債務格付けをBB+からBBへと1ランク引き下げました。自国通貨建て債務格付けもBBB-からBBへ2ランク引き下げました。格付けの見通しはネガティブ(格下げの可能性ありを示す)です。現在、ムーディーズ社のみがBaa3と投資適格級にありますが、15年12月9日から格下げ方向で見直し中となっています。

ブラジルは、インフレと景気後退が共存するスタグフレーションという非常に厳しい経済状況にあります。財政事情が悪化しているにもかかわらず、財務大臣の交代やルセフ大統領の弾劾審議など、政局の混乱が続き、財政再建策の審議が進まず、早期の事態の改善が見込めない状況にあります。

201602181

商品市況の好転が通貨レアル、株価の反発要因

財政事情は中・長期的な観点では引き続き要注意です。プライマリーバランスの対GDP比は15年年間で-1.9%と、少なくとも過去20年では最悪です。

しかし、市場は原油価格上昇を好感し、ボベスパ株価指数は前日比+1.7%上昇、10年国債利回りは同0.15%低下(価格は上昇)、レアルの対ドル相場は4営業日ぶりに1ドル4レアルを割り込み、対円相場は1レアル28円台後半で底堅く推移しています。市場はすでに格下げの影響を織り込んでおり、当面は商品市況好転が通貨、株価等の反発要因となりそうです。

201602182

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up