トルコ、政策金利据え置き~金融政策正常化のリラへの影響は?

2015/12/24
  1. トルコ中央銀行(TCMB)は12月22日の金融政策委員会で政策金利を7.5%に据え置きました。
  2. 政権安定で中銀への緩和圧力が見られる一方、TCMBは金融政策の正常化を模索しています。
  3. 具体的には利上げ+市場金利下げが有り得ますが、実現すればリラ安定に資すると思われます。

予想外の据え置き、中銀への緩和圧力も?

TCMBは12月22日の金融政策委員会で、政策金利(1週間レポ金利)を7.5%に据え置きました。10カ月連続の据え置きです。米利上げを受けて追随すると予想する向きもありましたが、動きはありませんでした。

11月CPIが前年同月比+8.10%と、目標(+3~7%)を上回る状態は変わっておらず、市場金利の高め誘導で、インフレ進行を抑えるスタンスが維持されています。しかし、11月の出直し総選挙でエルドアン大統領率いるAKP(公正発展党)が過半数の議席を制し、安定政権が実現しました。すると、要人がTCMBに対して利下げを期待する旨の発言をするなど、早くもTCMBの独立性を危うくする状況となっています。

201512241

年明け後利上げも、市場金利の誘導水準は徐々に低下か

TCMBは、雇用環境改善、欧州経済回復による外需の改善などから、世界経済の不透明感が今後も後退すれば、金融政策を正常化する旨を声明文で述べています。具体的には、現在のような政策金利と市場金利の誘導水準のかい離を是正することが考えられます。

市場では、政策金利据え置きを受け、通貨リラは一時対ドルで大きく下落しましたが、金融政策正常化の一環で年明け後にも利上げが実施されるとの見方から、その後は底堅く推移しています。一方、市場金利の高め誘導も緩和される可能性がありますが、実現すれば経済安定が裏付けになっていることを意味するため、リラの安定に資すると思われます。

201512242

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会