AM One「柏原延行」の Market View #88 減税が経済・投資環境に与える影響は?

2017/12/25

皆さま こんにちは。

アセットマネジメントOneで、チーフ・グローバル・ストラテジストを務めます柏原延行です。

米税制改革法案は12月20日に米下院において賛成多数で可決され(上院は可決済み)、22日のトランプ大統領の署名により、成立しました。

今回の税制改革法案は、10年間で1.5兆ドルという巨額な減税であり、レーガン政権時代以来、 約30年ぶりとなる税制の抜本的な改革です。

ついこの前まで、税制改革法案の成立は、2018年初頭になると考えていました。このため、今回の成立は予想外に早いものであったと素直に評価すべきと考えます(アラバマ州上院議員補欠選挙で共和党が敗北したことが影響したとの見方があります。民主党候補が来年1月に就任すると、共和と民主の上院議席数は51対49と更に拮抗します)。

減税は、「米国株式の上昇」、及び「米国債券の価格低下(金利上昇)」の要因として働くという考え方が自然であると思われます。

しかしながら、このニュースは、米国株式市場には大きな影響を与えなかった一方で、米国債券では債券安(金利上昇)が起こりました。

そこで、今回のコラムでは、減税の与える影響について、私の考え方をご説明できればと思います。

続きはこちらから

AM One「柏原延行」の Market View 過去分

 アセットマネジメントOne ホームページ

アセットマネジメントOne株式会社
AM One「柏原延行」のMarket View   アセットマネジメントOne株式会社
運用会社に勤務して、はや25年を超えました。遊び心も忘れずに、皆さまのお役に立てるコラムをお届けしたいと考えます。
【ご注意事項】
・当資料は、アセットマネジメントOne株式会社が作成したものです。
・当資料は、情報提供を目的とするものであり、投資家に対する投資勧誘を目的とするものではありません。
・当資料は、アセットマネジメントOne株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しておりますが、その内容の完全性、正確性について、同社が保証するものではありません。また掲載データは過去の実績であり、将来の運用成果を保証するものではありません。
・当資料における内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更される場合があります。
・投資信託は、預金等や保険契約ではありません。また、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。加えて、証券会社を通して購入していない場合には投資者保護基金の対象ではありません。
1.購入金額について元本保証および利回り保証のいずれもありません。
2.投資した資産の価値が減少して購入金額を下回る場合がありますが、これによる損失は購入者が負担することとなります。