ポケットカード(8519)持続的な利益率の向上

2014/01/29

ファミマTカード事業(有効会員数の増加を通した顧客手数料の拡大など)を成長戦略の核とするポケットカードでは、顧客手数料の拡大が営業収益の増加に大きく寄与している一方、営業費用が漸減しているため、営業利益率が持続的な向上傾向にある。リボ払いを前提としているファミマTカードの有効会員数の増加が、リボ残高の増加につながり同社が受け取る顧客手数料の増加に大きく寄与している。一方、金融費用及び貸倒関連費用などが減少しており、これが同社の営業費用を漸減させている。同社によれば、中長期的にも株式会社ファミリーマートとの連携強化を通し、ファミマTカードの有効会員数を継続的に拡大させ、同時に営業費用の増加を抑えることによって持続的に営業利益率を引き上げていきたいとのことである。2014年2月期第3四半期累計期間の営業利益率12.3%(前年比2.6%ポイント上昇)に対して、同社は、中長期的に営業利益率を20%以上に引き上げていくことを計画している。

PDF版レポートの閲覧はこちら

株式会社ウォールデンリサーチジャパン
Walden Research Japan   株式会社ウォールデンリサーチジャパン
ウォールデンリサーチジャパンは、国内株式市場に上場している事業会社の「企業レポート」を作成・配信しています。弊社ホームページ(www.walden.co.jp)にて、弊社が作成したすべてのレポートの最新版を閲覧していただけます。
ここでの情報は、ウォールデンリサーチジャパンが当該事業会社の発信する「IR情報」を中立的かつ専門的な立場から要約して、レポート形式にまとめたものである。「IR情報」とは、すなわち当該事業会社に係る①弊社との個別取材の内容、②機関投資家向け説明会の内容、③適時開示情報、④ホームページの内容等である。