エル・ティー・エス<6560> フェッショナルサービスと IT 人材と企業とのマッチングプラットフォームを提供

2017/12/22

RPA・AI・ビジネスプロセス可視化等を活用し、企業や働き方の改革を推進するプロ
フェッショナルサービスと IT 人材と企業とのマッチングプラットフォームを提供

業種:サービス業
アナリスト:髙木 伸行

◆ 顧客企業を変革・成長させるサービスを展開
・エル・ティー・エス(以下、同社)グループは、ロボティックス(RPA 注 1)、AI 注 2、 ビジネスプロセスマネジメント(BPM 注 3)を活用し、企業変革と働き方改革を 促進支援するプロフェッショナルサービス事業と企業のプロフェショナル人 材不足を解消する IT マッチングプラットフォーム事業を展開している。

同社グループは同社及び連結子会社であるプラットフォーム事業を主たる 業務とするアサインナビと香港に拠点を置きプロフェッショナルサービス事 業を主に行う LTS ASIA Co., Ltd.から構成されている。

16/12 期における売上構成比は、プロフェッショナルサービス事業 94.8%、 IT マッチングプラットフォーム事業5.2%、17/12期第3 四半期累計期間は、 プロフェッショナルサービス事業 93.5%、IT マッチングプラットフォーム事業 6.5%となっている(図表 1)。

◆ プロフェショナルサービス事業
・プロフェッショナルサービス事業で提供しているサービスは「ビジネスプロセ スマネジメント」、「コンサルティング」、「デジタル活用サービス」に分類され る(図表 2)。同社と LTS ASIA Co., Ltd.が当事業を行っている。

ビジネスプロセスマネジメントは顧客企業の経営と業務を可視化し、経営改 善の実行支援やビジネスプロセスの管理に必要な組織・人材の育成を支援 するという長期支援型のストックビジネスである。当事業内の他のサービスに 比較して利益率は高くないものの顧客企業との長期的な関係を構築するこ とに役立っており、他のサービスの受注機会獲得につながっている。

コンサルティングは企業変革支援が主たるサービスで成長戦略構築や事業 開発、業務改革や組織改革などを支援している。業務としてはプロジェクト 型で採算が高い事業である。

デジタル活用サービスはロボティクス、AI の業務活用による効率化、自動化 などの顧客の業務に適した手段を提供している。この業務もプロジェクト型 である。

◆ プラットフォーム事業
・プラットフォーム事業は同社とアサインナビが受け持ち、14年7月より、IT人 材、IT 企業、IT 人材を探している企業が直接つながる場となるプラットフォ ームサービス「アサインナビ」を提供している。

主たるサービスとしては教育・研修プログラムの提供、採用・転職支援サー ビス、IT プロ人材と案件のマッチングを目的とするクラウドソーシングがある (図表2)。17年9月末現在で、「アサインナビ」の会員数は法人が2,557社、 個人が 2,629 名に上る。
>>続きはこちら(1.01 MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。