シンシア<7782> OEMレンズ売上が落ち込むが自社ブランド製品の拡大を目指す

2017/12/08

コンタクトレンズのファブレス製造・販売会社
OEMレンズ売上が落ち込むが自社ブランド製品の拡大を目指す

業種:精密機器業
アナリスト:難波 剛

1.会社概要
・シンシア(以下、同社)は、1日使い捨て、2週間交換、1カ月交換タイプといった使い捨てコンタクトレンズを中心としたコンタクトレンズのファブレス販売会社である。

2.財務面の分析
・過去5年間の平均増収率は15.4%と大幅に伸びた。特に14/12期は前期比42.5%増と高い伸びを示した。市場の拡大に加え、13/12期からの一部売上の期ずれも寄与した。一方で、経常利益は、12年後半からの為替ヘッジの期末評価替えにより一旦大幅増益となったが、その後は円安による仕入れ条件の悪化の影響が大きく、減益傾向が続いた。
・ファブレス企業であるため固定資産を必要とせず、類似企業比較で自己資本比率は一番高く、財務的には最も健全である。

3.非財務面の分析
・同社の強みは、独立系では最大級の調達先企業数、品質管理能力を持ち、ネット販売先等から安定供給力を高く評価されている。また、カラーコンタクトレンズの色合いの出し方等のノウハウを社内に蓄積することで、販売先から高い信頼を得ている。

4.経営戦略の分析
・同社は、従来の戦略に加えて、自社ブランド力強化、独自販路の開拓、海外事業強化による事業拡大を目指している。

5.アナリストの評価
・同社は、高い価格競争力と安定した品質で、OEM先や利用者からの支持を得てきた。今後自社ブランド製品を一層強化するには、独自の製品展開、販売力の強化、ブランド力の強化等が必要であり、今期、来期の施策の成果次第で今後の成長性が更に高まろう。

>>続きはこちら(1.90 MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。

コラム&レポート Pick Up