ネオジャパン<3921> グループウェア周辺分野における新製品群の拡大に期待したい

2017/12/01

グループウェアソフトをパッケージとクラウド形態で提供するソフトウェア開発会社
グループウェア周辺分野における新製品群の拡大に期待したい

業種:情報・通信業
アナリスト:大間知 淳

◆ グループウェアソフトをパッケージとクラウド形態で提供
・ネオジャパン(以下、同社)は、グループウェアを中心とした各種コンピュータソフトを企業や官公庁、自治体などに対し、パッケージ販売とクラウドサービスの形態で提供する独立系のソフトウェア開発会社である。

◆ 18年1月期上期決算は10%増収、43%営業増益
・18/1期第2四半期累計期間(以下、上期)の決算は、9.6%増収、42.7%営業増益であった。広告宣伝費や人件費などが増加したものの、クラウドサービスとプロダクト(パッケージ販売等)の売上高が拡大したことや、ソフトウェア償却費が減少したことなどにより、大幅な営業増益となった。

◆ 18年1月期の会社計画は9%増収、10%営業増益を維持
・上期は期初計画を上回ったが、18/1期計画を同社は据え置いた。下期のコスト増加見通しを踏まえ、8.7%増収、10.3%営業増益と予想している。
・証券リサーチセンター(以下、当センター)は、プロダクトの売上高を小幅に増額する一方、クラウドサービスの売上高を減額するなど、18/1期の業績予想を修正し、売上高は2,355百万円→2,342万円(前期比10.6%増)に、営業利益は447百万円→440百万円(同12.3%増)に引き下げた。

◆ グループウェア周辺分野における新製品群の拡大に期待したい
・当センターは、19/1期以降についても業績見通しをやや引き下げたものの、グループウェアのクラウドサービスという成長市場において、シェアの拡大による成長シナリオに変化はないと考えている。
・ビジネスチャットや新たに発売した業務アプリ作成ツールなどグループウェア周辺分野の新製品群は、売上高に対してまだ大きな寄与がないものの、当センターは将来的には事業の柱となる可能性を秘めていると見ており、その拡大に期待したい。

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。

コラム&レポート Pick Up