ベステラ<1433> 18 年 1 月期上期の利益の進捗率は高くないが、旺盛な受注環境は確認

2017/11/06

プラント解体のエンジニアリング・マネジメントに特化した建設会社
18 年 1 月期上期の利益の進捗率は高くないが、旺盛な受注環境は確認

業種:建設業
アナリスト:藤野敬太

◆ 会社概要
・ベステラ(以下、同社)は、プラント解体専業で、解体の施工能力を持た ず、エンジニアリング・マネジメント業務に特化する「持たざる経営」を実 現し、数々の特許工法を確立して成長してきた。
・解体工程の「視える化」のために開始した 3D 計測事業が第二の成長軸 となる局面にある。

◆ 18年 1月期上期決算
・18/1 期第2 四半期累計期間(以下、上期)決算は、売上高2,140百万円 (前年同期比 12.3%増)、営業利益 163 百万円(同 29.5%減)で、期初会 社計画に対する進捗率は、売上高が 37.5%、営業利益が 28.9%となった。 進捗率は高くないが、概ね同社の想定通りの結果であったようである。
・17/1 期から繰り越された低利益率の案件の売上計上による利益率の低 下は見られたが、受注工事高は電力業界向けを中心に同 87.3%増と高 い伸びとなった。

◆ 18年 1月期業績予想
・18/1 期業績について、同社は売上高 5,700 百万円(前期比 36.3%増)、 営業利益 564 百万円(同 41.9%増)を予想し、期初計画を据え置いた。
・証券リサーチセンター(以下、当センター)では、18/1 期の業績予想を、 売上高5,675百万円(前回5,373百万円)、営業利益558百万円(同529 百万円)へ会社計画に近い水準にまで上方修正した。18/1 期上期の状 況から、前回予想で慎重に見ていた受注工事高の予想を引き上げたこと が主な要因である。

◆ 今後の注目点
・当センターでは、19/1 期以降、年 22~27%程度の増収が続き、売上高 営業利益率は 20/1 期の 12.1%まで改善すると予想する。旺盛な需要環 境が続く一方、案件を担う工事監督の増員が果たせるかが焦点となろう。
・次の成長の柱となる3Dサービスがデジタルツイン市場の流れにのってど のように広がるかにも注目しておきたい。

>>続きはこちら(1.66 MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。

コラム&レポート Pick Up