鎌倉新書<6184> 18年1月期上期決算で既存3事業での紹介数増、成約率上昇の傾向を確認

2017/10/27

ライフエンディング業界でユーザーと事業者を仲介するインターネットメディアを運営
18年1月期上期決算で既存3事業での紹介数増、成約率上昇の傾向を確認

業種:サービス業
アナリスト:藤野敬太

◆ 会社概要
・鎌倉新書(以下、同社)は、人の供養に関係するライフエンディング業界 において、インターネットメディアを運営する事業を展開している。業界の 事業者に対してユーザーを紹介することで得られる成約報酬が主な収益 源である。また、祖業の出版事業も有している。

◆ 18年 1月期上期決算
・18/1 期第 2 四半期累計期間(以下、上期)決算は、売上高 808 百万円 (前年同期比 26.1%増)、営業利益 194 百万円(同 21.7%増)で、通期計 画に対し、想定よりも高い進捗率だった模様である。
・WEB サービスの売上高を決定する紹介数、成約率、手数料単価のうち、 紹介数の増加と成約率の上昇が増収につながった。一方、手数料単価 は既存 3 事業とも通期の会社計画の水準を下回って推移した。

◆ 18年 1月期業績予想
・18/1 期業績について、同社は売上高 1,700 百万円(前期比 27.6%増)、 営業利益 420 百万円(同 28.3%増)という期初予想を据え置いている。
・証券リサーチセンター(以下、当センター)では、18/1 期の業績予想を、 売上高1,703百万円(前回1,697百万円)、営業利益452百万円(同437 百万円)と若干引き上げた。18/1 期上期までの状況を受け、成約数(紹 介数×成約率)の増加、手数料単価の低下を織り込んで調整した。

◆ 今後の注目点
・当センターでは、19/1 期以降、年 16~17%の増収が続く一方、人員増等 による費用増を吸収し、20/1 期の売上高営業利益率は 29.5%まで上昇 するものと予想した。
・18/1期上期決算の公表と同時に、社長交代が発表された。会長(前社長) と新社長の代表取締役 2 名体制となり、経営がどのように変化するかに 注目している。

>>続きはこちら(1.71 MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。

コラム&レポート Pick Up