アルファポリス<9467> 18 年 3 月期は業績回復に向けた足場を固める期となろう

2017/07/28

IT を活用して小説や漫画を集めて書籍化するライトノベルに強い出版社
18 年 3 月期は業績回復に向けた足場を固める期となろう

業種:情報・通信業
アナリスト:藤野敬太

◆ 自社ウェブサイトで集めたコンテンツを書籍化する出版社
・アルファポリス(以下、同社)は、自社のウェブサイトに投稿された小説や 漫画のなかから閲覧者の評価の高い作品を書籍化する出版社である。
・投稿者や閲覧者には課金せず、収益源はあくまで書籍出版である。売 上高の約半分がライトノベルによるものだが、現在は漫画の育成に注力 している。また、16/3 期からはゲーム事業も開始した。

◆ 17 年 3 月期決算
・17/3 期決算は、売上高 3,185 百万円(前期比 4.8%減)、営業利益 174 百万円(同 80.8%減)となり、期初会社計画を大きく下回った。
・16/3 期の業績を牽引した「ゲート」のテレビアニメ放送の終了による想定 以上の返本の増加、ライトノベルの競争激化による 1 タイトル当たりの発 行部数の減少、ゲーム事業の苦戦が重なった。

◆ 18 年 3 月期の業績予想
・18/3期業績について、同社は売上高3,500百万円(前期比9.9%増)、営 業利益 200 百万円(同 14.9%増)と予想している。
・証券リサーチセンター(以下、当センター)では、18/3 期の業績予想を、 売上高3,537百万円(前期比11.1%増)、営業利益203百万円(同16.9% 増)と会社計画の水準まで下方修正した。

◆ 今後の注目点
・ライトノベル業界の競争激化の影響が続く中でどこまで自社投稿作品を 強化することができるか、また、苦戦が続いたゲーム事業の展開方針を 同社がどう定めるかが当面の注目点となろう。
・当センターでは、中期業績について予想を引き下げ、18/3 期で業績回 復の足場固めをした後、20/3 期まで年約 10%の増収、営業利益の年 16 ~22%の増益となるものと予想する。

>>続きはこちら(1.31 MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。

コラム&レポート Pick Up