リアルワールド<3691> 17 年 9 月期は増収を見込む一方、費用増加により営業減益となる会社計画

2017/06/05

ポイントを活用したクラウド事業を中心に展開しており、総会員数は 1,018 万人
17 年 9 月期は増収を見込む一方、費用増加により営業減益となる会社計画

業種:情報・通信業
アナリスト:佐々木 加奈

◆ 事業内容
・リアルワールド(以下、同社)は、ポイントを活用したクラウド事業及びフィ ンテック事業を手掛けている。
・主力のクラウド事業は、運営するサイトに登録する会員が、同社サービ スにおいて行ったアクションにより同社グループが収益を獲得し、その 一部を会員に還元するという事業モデルである。クラウドメディアサービ スとクラウドソーシングサービスの 2 つで構成されている。

◆ 17 年 9 月期上期決算の概要
・17/9期第2四半期累計期間(以下、上期)の売上高は前年同期比1.5% 増の 2,284 百万円、営業利益は同 88.7%減の 15 百万円であった。クラ ウドソーシングサービスの売上高が順調に伸びたことにより、前年同期 比で増収を確保できたが、前期に発覚した不適切な会計処理の再発防 止策にかかる費用が発生したことで大幅な営業減益となった。
・同社は上期の会社計画は公表していない。通期計画に対する達成率 は、売上高で 43.9%、営業利益で 10.0%であった。

◆ 17 年 9 月期の業績予想
・17/9 期の会社計画は期初予想通り売上高が前期比 13.0%増の 5,200 百万円、営業利益が同 26.3%減の 150 百万円を見込んでいる。利益進 捗率は低いものの、同社は当初より上期に費用が集中し、下期に売上、 利益が偏ると計画していたため、期初計画を据え置いている。
・証券リサーチセンターでは、前回予想を見直し、会社計画を若干下回 る水準を予想している。

◆ 過年度決算修正と今後の事業戦略
・同社は財務報告に関する内部統制の不備への対策として、今期は「コ ーポレートガバナンスの強化」や「内部管理体制及び業務体制の見直し」 など、再発防止に向けた取り組みを実施している。具体的な取り組みは、 経理部門における売上計上手続きの見直し、一括業務管理システムの 導入などである。
・事業戦略としてはクラウドメディアサービスとクラウドソーシングサービス の一層の融合を図り、中期的な成長を図ることを掲げている。

 

>>続きはこちら(1.94 MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。

コラム&レポート Pick Up