アドベンチャー<6030> 利便性、価格優位性、多言語化を実現した付加価値の高いサイトが強み

2016/03/03

格安航空券予約販売サイト「Skyticket」の運営が主力事業
利便性、価格優位性、多言語化を実現した付加価値の高いサイトが強み

業種:サービス業
アナリスト:佐々木加奈

1.会社概要
・ ア ド ベ ン チ ャー ( 以 下 、 同 社 ) は、 格 安 航 空 券 の 予 約 販 売 サ イ ト「Skyticket(スカイチケット)」、世界中のオプショナルツアー等の予約サイト「WannaTrip(ワナトリップ)」を運営している。

2.財務面の分析
・LCC(格安航空会社)の航空券の本格的な取扱開始に伴い申込件数及び取扱高が伸び、業績拡大につながっている。15/6 期の売上高は前期比 69.1%増の 1,510 百万円、経常利益は同 473.9%増の 148 百万円であった。
・16/6 期の会社計画は、合理的に算定することが困難として公表していない。16/6 期第 2 四半期累計決算については、売上高が前年同期比49.3%増、経常利益が同 111.4%増となっている。

3.非財務面の分析
・同社の知的資本の源泉は、海外で大きく伸びている OTA(Online Travel Agent の略。インターネット上だけで取引を行う旅行会社)の仕組みを日本に持ち込み、確立したことにある。サイトについては、利便性や価格優位性といった付加価値を付けることで顧客の支持を集め、顧客数の順調な増加につなげている。

4.経営戦略の分析
・既存事業の成長の源泉となるのが顧客数の拡大とリピート率のアップである。同社では、サイトの取扱商品やサービスを拡充することで顧客数拡大につなげていく考えである。
・新規事業としてインバウンド事業を開始している。これまで蓄積したノウハウを生かし、事業領域の拡大も積極化する考えである。

5.アナリストの評価
・新規顧客の取り込みと同時に顧客のリピート化が順調に進んでいることから、既存事業の成長基調は当面続くことを予想している。
・航空券予約という旅行関連で一定数の顧客を抱えている同社にとっては、会員資産を活用したビジネス展開は合理的であると捉えることが出来る。ただ、収益貢献時期や規模感ついての判断は難しい。

 

  >>続きはこちら(2.26 MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。

コラム&レポート Pick Up