IBJ<6071> 15 年 12 月期予想を増額修正、今後も潜在需要の掘り起しによる成長を目指す

2015/10/14

ネットとリアルを融合した複合型の婚活総合サービスを展開
15 年 12 月期予想を増額修正、今後も潜在需要の掘り起しによる成長を目指す

業種:サービス業
アナリスト:柴田 郁夫

◆ ネットとリアルを融合した複合型の婚活サービスを展開
・IBJ(以下、同社)は、日本最大級の婚活サイトや結婚相談ラウンジの運営の他、全国の結婚相談所をシステムでネットワーク化するなど、ネットとリアルを融合した複合型の婚活事業を展開している。
・幅広い集客チャネルにより獲得した婚活会員数は約 37 万人と国内最大規模を誇る。

◆ 15 年 12 月期上期は会社予想を上回る増収増益決算
・15/12 期第 2 四半期累計(以下、上期)決算は、売上高が前年同期比27.6%増、営業利益が同 36.3%増と同社予想を上回る大幅な増収増益となった。
・幅広い集客チャネルが相互に機能したことにより会員基盤が順調に拡大したことが業績の伸びに寄与した。

◆ 15 年 12 月期通期予想を増額修正
・15/12 期の業績予想について同社は、期初予想を増額修正し、売上高は前期比 21.6%増、営業利益は同 32.7%増を見込んでいる。
・証券リサーチセンター(以下、当センター)でも、上期実績が想定を上回ったことなどから、15/12 期の業績予想を増額修正した。売上高、各利益ともに同社予想とほぼ同水準を見込んでいる。

◆ 中期業績予想
・当センターでは、15/12 期の業績予想を増額修正したことを踏まえ、中期業績予想についても増額修正した。
・15/12 期の業績予想を起点として全体的な水準を引き上げたものの、16/12 期以降の伸び率に大きな変更はない。既存事業における会員基盤の拡大が同社の中期的な業績の伸びを牽引するものと想定し、17/12 期までの成長率は売上高を年率 18.0%、営業利益を同 27.4%と
予想している。
・但し、会員基盤を活かした新事業創出や婚活事業の海外展開など、事業領域の拡大が業績の上振れ要因となる可能性も考えられる。

 

  >>続きはこちら(1.16MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。