グローバル・ワン不動産投資法人(8958)の第29期決算はテナント入替に伴う減収を増額改定で打ち返し、財務コスト減少により増益

2018/06/05

 



btn03_hvdbtn01_hvdbtn02_hvd

説明会開催日:2018年5月18日
代表取締役社長 和田 康氏
投信業務部長 山崎 弦氏

 

◎決算ハイライトと業績予想
・営業収益は51.1億円(前期比-0.03億円)、当期純利益は18.07億円(+0.47億円)、1口当たり分配金は8,164円(+300円)
・分配金は8,000円台を達成、4分割後は2,000円台での巡航と更なる成長を目指す
・品川・御堂筋のリーシング進捗、自己投資口取得・消却等でDPU上振れ
・テナント入替に伴う減収を増額改定で打ち返し、財務コスト減少により増益
・第30期営業収益は51.57億円(前期比+0.47億円)、当期純利益は18.42億円(+0.35億円)、1口当たり分配金は2,080円(分割後換算+39円)を予想
・テナント退去による減収を増額改定と埋め戻し効果が上回り、賃料等収入増加、増収増益を見込む

◎運用状況
▽内部成長 – 高水準の稼働率と8期連続の賃料増額改定
・引き続き稼働率は高位安定で推移、ポートフォリオ稼働率は98.4%に上昇(2018年3月末時点)
・今後も共用部のリニューアル等でテナント満足度を高めながら稼働率の維持・向上を目指す
・第29期の改定実績は増額16件、据置9件、減額0件で、契約更改対象面積の41.8%で増額を実現
・テナント入替の際に賃料増額を実現
・平均増減率は第30期も増額を見込み、8期連続して賃料増額改定を実現する見込み
・南青山のオフィステナントは取得以来稼働率100%を維持、優良オフィスのマーケット賃料は上昇傾向が継続
▽外部成長
・厳選投資、資産入替によりクオリティの高い外部成長を実現
・時機を捉えた含み益の実現とポートフォリオの質の向上
・インベストメント・パートナーとのWin-Win関係に基づく成長
・物件クオリティを重視しつつ、収益安定化のための資産規模拡大も追求
▽財務
・フリーキャッシュの活用、自己投資口取得にあわせて減額リファイナンスを実施することでLTV水準を維持
・長期固定化と財務コスト削減を両立
・リファイナンス時に返済期日分散を推進
・フリーキャッシュを活用し、発行済投資口数の1.1%相当の自己投資口を取得・消却
・1口当たり分配金及びNAVが向上、投資口価格は指数比アウトパフォーム
・4年前に投資口を2分割(効力発生日:2014年4月1日)、より一層の投資家層の拡大、投資口の流動性向上を目的として今回4分割を実施
株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.