トラストテック(2154)の中間決算は、計画通り2桁の大幅増収増益を達成し、過去最高実績を更新

2018/02/16



btn03_hvdbtn01_hvdbtn02_hvd

説明会開催日:2018年2月8日
代表取締役社長 西田 穣氏

トラストテック(2154)の中間決算は、計画通り2桁の大幅増収増益を達成し、過去最高実績を更新

 

◎決算概要
・売上は前年同期比45%増の296.7億円、営業利益は69.2%増の22.1億円
・技術系領域を主軸に、売上高は前年同期比+45.0%増の増収
・2017年11月15日に公表した業績修正予想を上回る着地
・計画通り2桁の大幅増収増益を達成し、過去最高実績を更新
・技術系、製造系、海外と各セグメントで増益を達成
・特に技術系領域においては収益改善が進み大幅な増益
・技術系領域の収益改善で営業利益率は1.1pt上昇
・英国人材派遣会社「ギャップパーソネル」を傘下に持つ1998ホールディングスの株式75%を取得し子会社化
・当社グループの成長戦略である国内および世界複数国に事業基盤を確立する方針に則ったM&A

 

◎セグメント別概況
▽技術系領域
・機電系領域と注力分野であるIT系領域において社員配属数が順調に増加
・2017年12月末の技術社員数は前年同期末から969名純増の4,518名
・派遣料金の上昇に加え、原価構造の改善により増加
・IT・ソフト領域での更なる事業拡大に向け、事業を統合し成長力を加速
・2018年4月に、新卒技術者500名以上の採用を予定
▽製造系領域
・エリア深堀により採用・配属・営業活動の効率が改善し、四半期毎に利益率が着実に向上
・大幅な増益と業界でトップクラスの利益率を達成
▽海外領域
・2017年12月に実施したM&Aの業績は想定通り貢献
・英国において新たに年商200億円規模の事業がグループに加わる

 

◎通期業績予想/配当予想
・売上は前期比49.9%増の645億円、営業利益は35.1%増の43.5億円を予想
・2017年12月に実施したM&Aの業績が寄与に加え、技術系領域の業績が堅調に推移し通期業績は約5割の増収、約3割の増益を見込む
・2018年6月期中間配当金は予定通り20.00円の実施
・期末配当金は前年度より5.0円増配し35.0円、年間配当金は55.0円を予想

 

 


株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.