インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人(3298)の第7期決算は、資産の入替・賃貸事業収益の増加・自己投資口取得により1口当たり分配金は前期比10.7%増加

2018/02/05



btn03_hvdbtn01_hvdbtn02_hvd

説明会開催日:2017年12月14日
執行役員 峯村 悠吾氏

◎運用ハイライト
▽1口当たり分配金の向上
・第7期の1口当たり分配金は、第6期の調整後1口当たり分配金比10.7%増加
▽ポートフォリオ稼働率の改善
・第7期平均稼働率は98.5%(対前期比+1.8ポイント)
・第7期末稼働率は99.2%まで改善
▽投資家層の拡大
・国内外の機関投資家比率が増加
・国内の機関投資家比率 (38.8%→46.1%)+7.3ポイント
・海外の機関投資家比率 (19.7%→21.5%)+1.8ポイント
▽投資主価値の向上に着目した戦略的施策の実施
・継続的な戦略的施策の実施により、本投資法人の投資口価格は東証リート指数をアウトパフォーム

 

◎財務ハイライト
・資産の入替、賃貸事業収益の増加、自己投資口取得を通じた1口当たり分配金に対する寄与は430円
・平成29年6月13日~7月10日における自己投資口の取得を通じ、7,640口の自己投資口を取得・消却した結果、1口当たり分配金は27円上昇
・第7期末時点のポートフォリオ稼働率は、第6期末時点の96.8%から99.2%まで改善

 

◎業績ハイライトと業績予想
・営業収益は61.7億円(予想比-0.15億円)、当期純利益は23.9億円(+0.45億円)
・1口当たり分配金は、予想値2,907円に対し実績2,962円と55円増加
・第8期業績は、営業収益が60.5億円(前期比-1.14億円)、当期純利益が23.4億円(-0.47億円)と予想
・1口当たり分配金は、2,904円と58円減少を予想
・第8期の営業収益と営業費用の変動は季節要因に因るところが大(奇数期での品川シーサイドイーストタワーのホテル変動賃料収入、冬季における水道光熱費の減少等)

 

◎成長戦略の概要
▽当面は中期目標を目指す
・運用資産規模 : 2,000億円
・収益性 : 投資主価値の向上に資する長期的な資本政策の実施
・安定性 : 上位5テナント比率20%以下
・格付 : AA- 以上(日本銀行のリート買入対象要件)
・マーケット・ポジション : グローバル・インデックスへの組入れ
▽中長期目標
・運用資産残高:3,000~4,000億円
・収益性:長期的な1口当たり分配金の向上
・安定性:上位5テナント比率10%以下
・マーケット・ポジション:グローバル・インデックス構成銘柄

 


株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.

コラム&レポート Pick Up