D.A.コンソーシアムHD(6534)の中間決算はインターネット関連事業が好調に推移し2ケタの増収増益を達成、上期として過去最高額を更新

2017/11/29



btn03_hvdbtn01_hvdbtn02_hvd

説明会開催日:2017年11月8日
代表取締役社長 島田 雅也氏

◎決算概要
・売上は前期比19%増の934.2億円、営業利益は71.6%増の35.3億円とそれぞれ2ケタの増収増益を達成し、上期として過去最高額を更新
・インターネット関連事業は、DAC・アイレップ・ユナイテッドをはじめ、グループ各社が好調に推移し、2Q累計売上高は前年比19.5%増、売上総利益は前年比24.4%増と、利益率の向上を達成
・5月開示の業績予想に対し、引き続き順調に進捗

 

◎今期方針と取り組み状況
▽効率化によるシナジー効果
(方針)
・事務所の再構成やオフィス統合、システム代替による効率化の実現
・ニアショア・オフショアを活用したローコストオペレーションの徹底
(2Qの取り組み)
・クリエイティブ制作専門のニアショア拠点「アイクリエイティブデベロップメントセンター新潟(iCDC新潟)」を設立
・人件費等のコスト増加を上回る利益を創出し、営業利益 前年比1.7倍を達成
▽既存領域の競争力強化
(方針)
・運用体制およびソリューションサービス体制の集約・最適化
・アイレップは、クライアント向き合いのエージェンシー事業に特化し、収益向上を狙う
・グローバルプラットフォーマーへの対応を強化し、サービス・プロダクトの充実による顧客対応力強化
(2Qの取り組み)
・博報堂DYグループ一体で、デジタル広告の透明性や品質改善に対応する「Hakuhodo DY MQM_™」を提供開始
・DACの「AudienceOne®」、LINEの運用型広告配信プラットフォーム LINE Ads Platform(LAP)の「Data Provider Partner」に認定
・各種プラットフォームにおいて、パートナー認定・各賞を獲得
▽成長分野への投資
(方針)
・優良データホルダーとの連携強化など、データ利活用の更なる促進
・コンテンツマーケティングに関する取り組みの推進
・グループ一体となったグローバル対応チームでのビジネス拡大
(2Qの取り組み)
・「データ流通推進協議会」の設立に発起人として参画
・オープンイノベーションを本格活用し、未来のデジタル広告のあり方を研究する「DAC Open Innovation Lab(DOIL)」を発足
・DACアジア、Media Intelligence社とI-DAC(BANGKOK)を設立

 

 

 


株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.

コラム&レポート Pick Up