東海東京F・H(8616)の通期決算は、トランプ政権の影響でマーケットが好転、下期業績が急速に回復し若干の減収減益で着地

2017/06/21



btn03_hvdbtn01_hvdbtn02_hvd

説明会開催日:2017年5月29日
代表取締役社長 最高経営責任者 石田  建昭氏

◎決算ハイライト
・営業収益は前期比3.2%減の654億円、経常利益は13.3%減の133億円、純利益は3.5%減の120億円と若干の減収減益で着地
・市場部門の健闘(フロー拡大(戦略効果)・トレーディングキャパシティ拡大 )
・リテール部門の復調(商品多様化・コンサルティング営業)
・ニュープロジェクトへの期待(ほくほくTT証券オープン・エース証券への出資、髙木証券の買収・富裕層ビジネス)

 

◎注目分野・施策
・JVは経常利益ベースで約35%の連結業績貢献
・プラットフォームの預かり資産の増加
・ウェルスマネジメント部門ではオルクドールメンバー数1200人を超過
・ワンストップチャネル部門では次世代確保戦略として「MONEQUE」店舗の拡大

 

◎ 新経営計画「New Age’s, Flag Bearer 5」 ~ 新時代の旗手 ~
▽全体像
・金融業における「第3の極」を形成=新しい時代の金融界のリーダーとなり、自らのマーケットを開拓する
・さらなる経営基盤の強化と成長として「Ambitious5」の路線を維持・拡大しながら、当グループの独自性を追求し他社に真似できないビジネスモデルを確立、グループ内へ展開
・リテール顧客セグメント別戦略の独自性の追求
・法人トライラテラルとグローバルマーケットでの業務拡大
・「人間性」と「専門性」の追求、組織管理と防衛ラインの充実
・グレートプラットフォームを基盤としたグループシナジーの極大化
・生産性革命の実行によるグループ一体化:グループシナジーの追求
・戦略テーマの追求として次のステージに上がるための機能の確保。確保段階で戦略に組み込み

 

 


株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.

コラム&レポート Pick Up