アールシーコア(7837)の中期3ヵ年経営計画発表会

2017/03/14


 

説明会開催日:2017年2月23日
代表取締役社長 二木 浩三 氏
常務取締役 浦﨑 真人 氏
常務取締役 谷 秋子 氏

 

◎アールシーコアとは
・1985年「理想の会社をつくろう」からスタート
・マーケット創造を旗印に「衣」「食」に比べ遅れていた「住」分野で“感性マーケティング”によりBESSブランド確立
・FC事業展開で高資本効率を目指す

 

◎「異端でメジャー」ステージアップ5ヵ年計画振り返り
・数値目標は、大幅未達(売上は目標比76%、営業利益率は▲2.3pt.、ROE▲8.3pt.)
・スローガン、方針は手応え大。BESSのブランド力は大きく伸長
・営業力については販社オーナーの交代による一時的な受注低下に直面
・北米事業の方向転換。ファブレス化を実現し、当社本来のマーケティング集中へと切替
・将来に向けた先行投資の実施。将来の業績向上への布石としての体制作りを推進
・資本投資は抑え、レバレッジは進まず。純資産の増加が確実に進むも、ROEは目標に届かず
・ブランド認知は2倍超に。注目度、関心度は5ヵ年で着実にステップアップ
・ユーザー発信の広がりにより、ファンがファンを呼ぶ広がりに
 

◎新中期3ヵ年経営計画
・スローガンは、「業界最狂、ハピネス拡散」
・2020年3月期目標は売上200億円、営業利益率8%、ROE18%
・2017年3月期予想は売上136億円、営業利益率5.7%、ROE9.7%
・「異端でメジャー」の戦略の結果、見えて来たのは、“ファン”を中心にしたブランドの浸透
・課題を克服し、数値の遅れを取り戻す3ヵ年計画とする
▽新中期経営計画の4つの施策
1 BESSファンが集う「触媒力」拡大
2 新時代の暮らし方「梺ぐらし」の創出
3 BESSブランドを旗印に「販社制度」を強化
4「生産革新」の実行

 

 


株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.

コラム&レポート Pick Up