インテージHD(4326)の通期決算は売上高、営業利益、経常利益において前年を上回る

2016/06/02


btn03_hvdbtn01_hvdbtn02_hvd

説明会開催日:2016年5月20日
代表取締役社長 宮首 賢治氏

 

◎決算サマリー
・売上は前期比3.5%増の454.8億円、営業利益は8.7%増の38.8億円
・売上高、営業利益、経常利益において前年を上回り過去最高を更新
・経常利益は持分法適用会社NTTドコモ・インサイトマーケティングの黒字化が貢献
・最終利益は前年度に事業売却で多額の特別利益を計上したため減益

 

◎セグメント別状況
▽マーケティング支援(消費財・サービス)
・売上は対話型プロモーション、i-SSPなどのコミュニケーション分野や、カスタムリサーチの既存調査及びインターネット調査が好調
・営業利益はコミュニケーション分野で事業拡大に伴う費用が発生したが、カスタムリサーチの既存調査及びインターネット調査の収益が貢献
▽マーケティング支援(ヘルスケア)
・売上は株式会社アンテリオにおけるカスタムリサーチや株式会社アスクレップの市販後調査が好調
・営業利益は収益性の高い案件の伸びや事業の譲渡によるコスト削減が奏功
▽ビジネスインテリジェンス
・売上は旅行分野においてシステム構築案件を受注するなど堅調に推移
・営業利益は前年同期の大型案件が好採算による反動

 

◎第11次中期経営計画の戦略ポイント
▽グループ基本方針
リノベーション&イノベーション
▽戦略ポイントは新たな成長エンジン創出のための更なる戦略的投資
・R&D(研究開発的視点)への注力・投資
①Deep Learning技術を活用した新サービス領域の創出
②株式会社IXT(イクスト)の取り組み
③海外事業における取り組み

 

◎2017年3月期見通し・利益配分
・売上は前期比5.5%増の480億円、営業利益は8.2%増の42億円
・1株当たり期末配当金は前期比2.5円増の35円(配当性向26.6%)を予想

 


株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.

コラム&レポート Pick Up