トーセイ(8923)の通期決算は、流動化事業で減収も当期利益は大幅増益に

2016/02/26



btn03_hvdbtn01_hvdbtn02_hvd

説明会開催日:2016年1月13日
取締役専務執行役員 平野 昇氏
代表取締役社長 山口 誠一郎氏

◎業績ハイライト
・売上高は430億円(前期比14.0%減)
・営業利益は68億円(同23.9%増)、当期利益は41億円(同43.9%増)と大幅な増益を達成
・1株当たり配当金は16円を予定(配当性向18.7%)

 

◎セグメント状況
・不動産流動化事業は1棟販売物件を来期以降に販売時期先送りをしたことにより、約100億円程度減収
・減収の一方で、不動産流動化事業の営業利益は、利益率の向上により前期を8.5億円上回り41.8億円で着地
・仕入れは、約450億円相当まで進捗、収益オフィスを中心に投資向け物件の取得を拡大
・不動産ファンド・コンサルティング事業は大型のAM受託によりAMフィーが増加、受託資産残高は約4200億円規模。

 

◎2016年11月期の業績予想と直近のTOPICS
<業績予想>
・売上高は552億円(前期比122億円増)、営業利益は75億円(同6.7億円増)を予想
・1株当たり配当金は18円、配当性向20.2%を予想(前期末比2円増)
<直近のTOPICS>
・1月に港区南青山で商業施設が竣工するほか、マンション開発を計画中
・ホテル事業への進出に向けトーセイ・ホテル・マネジメント株式会社を設立予定

 

◎中期経営計画 Advancing Together 2017
・2020年売上高1,000億円構想を掲げ、資産規模を拡大
・売上を牽引する売買系3事業を、金融危機直前を上回る規模へ成長
・安定収益比率を高めて安定性を向上・経営基盤強化
・安定3事業の売上総利益を拡大し販売管理費と金利をカバー
・財務健全性を意識し、自己資本比率は30%台を維持

 


株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.

コラム&レポート Pick Up