日本取引所グループ(8697)の個人投資家向け説明会(日経IR・投資フェア2015)

2015/09/02



btn03_hvd

説明会開催日:2015年8月29日
広報・IR部長 多賀谷 彰氏

◎日本取引所グループの概要
◎今後の成長に向けた施策・取組み
□現物市場の状況と商品ラインナップ
・株式売買代金は、景気や市況の影響は受けるが、長期的には増加傾向

 

□投資家層の拡大
・海外から日本への投資拡大に向け、欧米に加えて、アジアでの情報発信を積極化
・国内の個人金融資産(約1,700兆円)は依然預貯金に偏在するが、インフレへの移行に従い投資拡大が期待される
・金融リテラシー向上を目的とした様々なセミナー・教育プログラムを提供

 

□上場会社の投資魅力の向上
・上場会社が指針とすべき「コーポレートガバナンス・コード」を策定
・「投資魅力の高い会社」で構成された指数「JPX日経400」を算出開始

 

□IPO(新規株式公開)の促進
・全国各地において上場誘致活動を展開
・IPO件数は順調に増加しており、2015年度も前年度を上回る勢い

 

□デリバティブ市場の状況と商品ラインナップ
・株式同様、取引高は市況等の影響は受けるが、長期的には増加傾向
・新商品導入、取引時間拡大などの市場振興策を展開

 

□テクノロジーの進化
・取引所にとって、ITは市場運営の基盤であり、競争力の源泉
・日々進化する技術を最大限活用し、信頼性と利便性を兼ね備えた市場インフラの構築、サービス提供を推進

 


株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.

コラム&レポート Pick Up