(6890:JASDAQ) フェローテック 2014年3月期第1四半期業績レポート

2013/10/23

今回のポイント

・14/3期1Q(4-6)は前年同期比0.4%の増収、4億79百万円の経常利益(前年同期は5億54百万円の損失)。売上高は太陽電池関連事業の落ち込みが響き微増収にとどまったものの、前期に実施した太陽電池関連事業のリストラ効果で営業損失が大幅に縮小(4億70百万円→58百万円)。為替差益の増加(1億12百万円→7億36百万円)で経常損益が黒字転換した。

・「ほぼ計画の通りの回復基調にある」として、売上高及び営業利益の予想を据え置いたものの、為替差益の増加と有価証券売却益の発生(7月に6億45百万円発生)を織り込み、上期及び通期の経常利益及び純利益の予想を上方修正した。通期予想は売上高420億円(前期比9.3%増)、経常利益8億50百万円(同34億65百万円の損失)。配当は1株当たり5円の期末配当を予定。

・経常利益等の予想が上方修正されたとは言え、為替差益と有価証券売却益を織り込んだもので、必ずしも今後の見通しを明るくするものではない。ただ、前期に実施したリストラ効果で利益の出やすい体質へと体質改善が進んでいる事は確か。2Q(7-9月)以降の受注動向に注目したい。

会社概要
太陽電池用シリコン単結晶引上装置やシリコン単結晶の製造工程で使用される消耗品である坩堝(世界NO.1)等の太陽電池関連製品、半導体製造装置やフラット・パネル・ディスプレイ(FPD)製造装置の部品、半導体材料、各種温度調節に使われるサーモモジュール等の製造・販売を行っている。いずれも目に触れる機会はないものの、パソコンや携帯電話、液晶やプラズマ等、身近な分野で同社の技術が活かされている。グループは、同社の他、生産の中心を占める中国等の他、欧米、ロシア、台湾等に展開する連結子会社24社、持分法適用関連会社5社。

【事業セグメント】

事業は、半導体・FPD・LED等の製造装置に使われる真空シール、石英製品、セラミックス製品等の装置関連事業、サーモモジュールが中心の電子デバイス事業、及びシリコン結晶製造装置や装置に使われる坩堝等の太陽電池関連事業に分かれ、13/3期の売上構成比は、それぞれ49.1%、11.9%、32.1%、及びソーブレード、装置部品洗浄、工作機械等の報告セグメントに含まれないその他6.9%。尚、シリコン結晶製造装置には、装置関連事業の主力製品である真空シールが主要部材として使われており、これまで蓄積してきた技術やノウハウが活かされている。

2014年3月期第1四半期決算
為替差益の増加で経常損益が黒字転換

売上高は前年同期比0.4%増の95億38百万円。装置需要が低迷した太陽電池関連事業の売上が同14.1%減と落ち込んだものの、サーモモジュールを中心に電子デバイス事業の売上が同19.8%増加した他、石英製品やセラミックス製品等が数量ベースで増加した装置関連事業の売上も同3.7%増加した。

営業損益は58百万円の損失。値下げ要請で装置関連事業の利益が減少したものの、前期に実施したリストラ効果で太陽電池関連事業の損失が前年同期の5億50百万円から1億69百万円に縮小。売上が伸びた電子デバイス事業の利益も、前年同期の59百万円から1億22百万円に増加した。

為替差益の増加(1億12百万円→7億36百万円)による営業外損益の改善と特別損失の減少で四半期純損益は4億18百万円の利益を確保した。

装置関連事業

売上高46億19百万円(前年同期比3.7%増)、セグメント利益9百万円(同72.5%減)。石英製品、セラミックス製品など製造プロセスに使用されるマテリアル製品は、スマートフォン用メモリやロジック系の設備稼働率上昇で需要はあったが、顧客の値下げ要求が厳しく、売上高は微増にとどまった。また、各種製造装置に使用する真空シールは、半導体・FPD等の設備投資が、予想より遅れて開始されたため、やや軟調に推移した。一方、シリコンウエーハ加工は、小口径ウエーハの需要が回復し、比較的底堅く推移した。

太陽電池関連事業

売上高28億01百万円(前年同期比14.1%減)、セグメント損失1億69百万円(同69.2%減)。太陽電池産業は、欧州市場に代わり、中国・日本・米国市場への太陽電池パネル導入量が伸びたものの、同パネルの価格下落の結果、欧州の大手企業が撤退し、最大手の中国企業が経営破綻に至るなど厳しい市場環境が続いている。そのため、新規の製造装置需要はなく、消耗品である石英坩堝や角槽も総じて低調な売上高となった。その対策としてシリコン製品をOEM特化した結果、国内・台湾ユーザーからの引き合いが増加し、同製品の売上高は増加した。

電子デバイス事業

売上高13億78百万円(前年同期比19.8%増)、セグメント利益1億22百万円(同105.3%増)。主力の自動車温調シート向けサーモモジュールは、自動車販売が好調に推移し特に米国市場においては、温調シートが搭載される高級車が増加した。その他、検査装置、バイオ関連機器が総じて底堅く推移し、加えて、美容家電や浄水器サーバーなど民生分野の販売を広げた。磁性流体も、比重差選別装置向けに受注が伸び、総じて堅調に推移した。

2014年3月期業績予想
為替差益の増加や有価証券売却益を織り込み、上期及び通期の利益予想を上方修正

「ほぼ計画の通りの回復基調にある」として、売上高及び営業利益の予想を据え置いたものの、為替差益の増加と有価証券売却益(7月に6億45百万円発生)を織り込み、上期及び通期の経常利益及び純利益の予想を上方修正した。
通期予想は、売上高420億円(前期比9.3%増)、営業利益10億円(前期36億08百万円の損失)、経常利益8億50百万円(同34億65百万円の損失)、当期純利益10億円(前期65億32百万円の損失)。配当は1株当たり5円の期末配当を予定している。

今後の注目点
利益予想が上方修正されたとは言え、為替差益と有価証券売却益を織り込んだもので、必ずしも今後の見通しを明るくするものではない。実際、会社側では、「最近の事業環境の見通しに不透明さが残ることから、売上高及び営業利益は、据え置く事とした」としている。同社は受注動向を開示してはいないものの、前期に実施したリストラ効果で利益の出やすい体質へと体質改善が進んでいる事から、第2四半期以降の受注動向に注目したい。
株式会社インベストメントブリッジ
ブリッジレポート   株式会社インベストメントブリッジ
個人投資家に注目企業の事業内容、ビジネスモデル、特徴や強み、今後の成長戦略、足元の業績動向などをわかりやすくお伝えするレポートです。
Copyright(C) 2011 Investment Bridge Co.,Ltd. All Rights Reserved.
本レポートは情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を意図するものではありません。 また、本レポートに記載されている情報及び見解は当社が公表されたデータに基づいて作成したものです。本レポートに掲載された情報は、当社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その正確性・完全性を全面的に保証するものではありません。 当該情報や見解の正確性、完全性もしくは妥当性についても保証するものではなく、また責任を負うものではありません。 本レポートに関する一切の権利は(株)インベストメントブリッジにあり、本レポートの内容等につきましては今後予告無く変更される場合があります。 投資にあたっての決定は、ご自身の判断でなされますようお願い申しあげます。

コラム&レポート Pick Up